カテゴリ:いろいろ( 20 )

お手軽!赤い針峰群・ランデックス南西稜

アルプス4日目

最初にグランパラディーゾ登って次は中1日おいてメンヒに行く予定でしたが、さすがに中1日では疲労もモチベーションも回復せず。
昨日はシャモニに移動してのんびり買い物とキャンプ場で酒盛りと決め込みました。

今日も天気がよいし、クライミング用具持ってきたし岩ルート行こうと計画。
雪はもういいやという気分だったので純然たるクライミングに行きたいところ。
ちょうどとまったキャンプ場からは赤い針峰群がすぐそこ。

赤い針峰群ならシャペルドラグリエールやプス南壁などお手頃ですが、ここは我々の技量を考えて一番お手頃なランデックス南西稜を目指します。
といってもトポも何もなくむか~しのぼった記憶と、「土曜日だし、誰か登っている人のあとをついていこうぜ・・」といういいかげんなのり。

プラからロープウェイとリフトを乗り継ぐとランデックスの駅、
この駅の前にそびえているのがランデックス針峰。
左手のスカイラインが南西稜です。
a0286351_19251054.jpg
アプローチのお手軽さは例えて言えば上高地から涸沢までロープウェイ、涸沢から北尾根の3.4コルあたりにリフト伸びている感じ。
南面の草付きバンドをたどって取り付きへ
a0286351_20040659.jpg

10:15登攀開始。

外人パーティにならってここは

「クライミング!」

「クライムオン!」


1P目 優しい岩場を登り左手に出てそこから凹角を直上、ハーケンのある1手がやや難(4+くらい)
上に抜けると先行パーティーがリードしていたので支点手前で10分待機。
a0286351_19404967.jpg
天気はおおむね雲の中だが、たまに霧が晴れてモンブランがでっかくそびえ立っている。

2P目 凹角を右上気味に登る。1本目の支点の上が少し怖かったかな。
そこを抜けると小ピーク上に出て、少し下降しコルにて再度先行パーティー待ち10分。

3P目 やさしいリッジを行く。3級程度で問題なし。

4P目 やさしいフェースだったか。問題なし。ただし支点がないので岩角シュリンゲ確保
a0286351_20045216.jpg
5P目 一旦小コルに下り易しいフェースを登るとそこがピーク。下降支点が混雑していたのでそこでピッチをきる
a0286351_19250954.jpg

6P目 リッジを10mくらいで下降点


これにて終了。13時

さてここから60mほどの懸垂下降です。
J隊員にはアルプスに向けて懸垂下降の訓練はいやになるほどやってきた。
けれど、途中でピッチを切る下降や、支点が遠い場合、斜め懸垂、不安定な支点での懸垂などのイレギュラーな場面はは指導しきれなかったのでやや不安。
まあ、ここは支点はがっちりしているしまっすぐだし大丈夫。
a0286351_19250994.jpg

25m懸垂を2回繰り返してまだ岩場の途中なので、ここから10mクライムダウン。

降りたところに踏み跡があって、そこからランデックスの駅までは一投足。14:36

いやあお手軽なクライミングでした。

とりあえず天候に恵まれ2つ目のピークを踏めてよかったということで翌日以降はスイスのエモッソン湖をハイキングしたり、町中をペニーボードでクルージングしたりしてアウトドア満喫!
a0286351_19272419.jpg


さて次はどこの国を目指しましょうか(^o^)

(登山日:2018年8月18日)



[PR]
by shigakukai | 2018-09-08 20:02 | いろいろ | Comments(0)

イタリアアルプス・グランパラティーゾ

今年もやってきました。
ヨーロッパアルプス。

昨年は日本から2泊4日現地1日の弾丸登山だったけど、今回は現地5日もとれるので旅行気分。
キャンプ用具、雪山登山用具、クライミング用具などを段ボールに詰め込んで成田出発。
a0286351_19251035.jpg
※今回は視認性を考えてシースルーの衣装ケースにしてみました。雨にも強いしキャンプ場ではテーブル代わりになります( ^^)


安さ優先で中東周りでジュネーブ空港に翌朝7:50到着
日本で予約しておいたレンタカーに段ボールを積み込んでまずは目的の山を目指します。

さて今回の目的地はメンバーの力量を考えて比較的容易に登れる4000m峰ということでイタリアアルプスのグランパラティーゾ(4061m)をチョイス。
まずは登山口のあるPONTという村を目指します。

左ハンドルに慣れてくるころまもなく左手にアルプスの山々が見え出します。
a0286351_19251179.jpg

途中の街(サランシュ)で買い出し、モンブラントンネルをくぐるとそこはイタリアアルプスの登山基地クールマイユール
ここから南に30キロほど山道を走らせるとPONTに到着です。
道路のどん詰まりには広大なキャンプ場!(オートキャンプ可、電源あり)
a0286351_19402017.jpg

a0286351_21405722.jpg
キャンプ場の奥にグランパラティーゾから連なる山々がそびえています。
キャンプ場には売店があって、ビールもワインも生鮮食品も焼き立てのパンも手に入ります。
ビールがぬるいのは難点ですがキャンプ場に奥に冷たい水が流れる水ガメがあるのでそこで冷やしておきましょう。

さっそく飲みながらテントを設営し、飲みながら夕飯の準備をし、飲みながら明日の作戦会議を行います。
a0286351_19140679.jpg

目指すグランパラティーゾは一般的には登山口のPONT(1950m)から登山道を3時間たどってVittorio Emanuele2世小屋(2700m)泊まり
翌日頂上を往復(7時間~8時間)して下山(2時間)というのがごくごく一般的なルートである。

ただ、今回は日程に余裕がないことや、時差ボケ残る体で今日山小屋まで入るのは体力的に不確定だったことなどを考慮して、むしろ時差ボケを利用して山麓からのワンデイ登頂をすることにしました。
「標高差2100mのワンデイ登山なんて春の甲斐駒の黒戸尾根を日帰りで登るレベルじゃん!」と楽勝気分♪
むしろ登山者がたくさんいたら頂上付近の渋滞に巻き込まれるのが心配かも。

ともあれ明日も天気は良さそうなので深夜出発に備えてまだこうこうと明るい19時に就寝としました。

----------------------------------------------------------

翌朝2時半起床。
あんまり早く出ると頂上直下の渋滞に巻き込まれるので心持ち遅めの3:30出発。
出発直前にE隊員が右足甲の痛みを訴えるが、テーピングでぐるぐる巻にして決行となります。
a0286351_21413788.jpg

真っ暗闇の中順調に高度を稼いでVittorio Emanuele2世小屋到着5:40
a0286351_19272668.jpg
順調なペース。

これで小屋宿泊組に追いついたけれど、ここからルートはわかりにくいガレ場のトラバース
ルートファインディングに気を使い時間のロス。
a0286351_19272501.jpg
頂上から西面におりる2つの氷河の真ん中のモレーン上をいく頃、夜が明けてきました。
a0286351_19272603.jpg
ここからは適度にケルンがあって迷うことなく歩いていくと頂上右寄りからつながる氷河の末端。

標高は3200mくらい。
ここで雪山フル装備になって氷河に入っていきます。
E隊員も足の痛みを我慢しながらも、好調なペース。

目の前の遅いパーティーなど簡単に追い越してしまいましょう!

氷河の下部はクレバスが発達していて、クレバスを右に左に避けながらコンティニュアスで登っていきます。
a0286351_19272672.jpg

ところがところが。
ここまで快調に登ってきたJ隊員が急速にペースダウン。
もっともはじめての氷河、はじめてのアルプス、はじめてのコンティニュアスで、しかも麓から日帰り4000m登頂なのであるから、むしろここまでよく頑張ってます。
a0286351_19270911.jpg
ここは安全にゆっくり確実に150m/1時間程度のスピードでじわじわ登っていきます。

3600m付近 バックにモンブラン
a0286351_19264820.jpg

3800m付近は高山気分満喫!
a0286351_19404876.jpg
3900m付近。
頂上まで近そうで遠い。
a0286351_19404859.jpg

頂上直下の岩稜帯は1級~2級程度。
難しくはないけれど高度感あり。
a0286351_19404841.jpg

ランニングを取りながらコンテで進み。頂上直下の1Pをスタカット。
3mくらいの垂壁(3級程度)を登って右手の絶壁上をトラバース。
a0286351_19404837.jpg
最後の踊り場のような岩場を這って進むとそこが頂上でした。12:40
a0286351_19404996.jpg
よく頑張った!

頂上は狭いのですぐに下山開始。12:50
岩場を慎重に降りてしばらくはコンテ。
雪面に入ってしまえば難しいことはなくサクサク。
a0286351_19404943.jpg

氷河の降口に14:00
もくもくと下って16:40に小屋到着

ここでビールで水分補給(大瓶で5ユーロ)。
冷たくないのは仕方ないけど、グラスが熱々なのは勘弁。
a0286351_19404948.jpg

17:00に再度下山開始。
ここはなんとしてもキャンプ場売店の開いている19時半までにおりてビールを買わなければと急いでおります。
(当初予定では15時には降りているだろう予定だったので。)

a0286351_19142095.jpg
登山口に折りきり水平道をは気合で歩いて18:30にようやくテント帰着
実に15時間の行動でした。

コースタイムは12時間程度なので10時間でいけるかと思ったけれど、やはり日本の山とアルプスの山は違うし、無雪期と氷河の山では全然違う。
体はぼろぼろだし足もまだまだ痛いけれど、それでも目的を果たした心地よさで一杯です。
とりあえずは売店でビールとワインを購入!
そして乾杯!

飲みながら片付け。
そして飲みつつシャワーを浴びてさっぱりし、
そして飲みながら夕飯のパスタを作り。

とりあえず最初の目的を果たした満足感で感無量の夜でした。

(登山日:2018年8月16日)

[PR]
by shigakukai | 2018-09-08 19:52 | いろいろ | Comments(0)

【空撮】南アルプス

ひょんな用事で飛行機乗ったら、南アルプスが丸見え。大ラッキー。

a0286351_00104534.jpg

[PR]
by shigakukai | 2018-03-28 10:09 | いろいろ | Comments(0)

白沢峠の廃ダッジ

大菩薩から笠取山に続く長い山稜の途中、白沢峠にあるという朽ち果てたダッジ(DODGE)のトラックを見に行きました。

廃ダッジ現る。
a0286351_11581949.jpg


かなり味わい深い佇まいです。
a0286351_11581997.jpg

a0286351_11581920.jpg


戦後に山仕事で使われていた米軍払い下げトラックのようです。
a0286351_11582032.jpg

車上ドロっぽい
a0286351_19214046.jpg


カネメのモノなし。
a0286351_11581883.jpg


荷台の真ん中から木が生えてます。
a0286351_11584385.jpg


a0286351_11584499.jpg
a0286351_19214048.jpg

白沢峠全景。左が奥多摩側、右が三富側。
a0286351_11584462.jpg


下山。正面にうっすら見える山は乾徳山。
a0286351_11584581.jpg

白沢橋の登り口。
a0286351_11584521.jpg


白沢橋13:45➡白沢峠15:20➡白沢橋16:45




[PR]
by shigakukai | 2017-12-13 12:30 | いろいろ | Comments(0)

パースぶらぶら  ②市街&スワンバレー編

パースに住んでいる古参会員M吉のところに遊びに行った記録のつづき。

山が無いので、午前中は市街をサイクリング。ユーカリ並木がきれいです。
a0286351_39355.jpg

パースの中心街の大きさは、八王子とか甲府くらい。歩ける距離です。
a0286351_3104926.jpg

今日はちゃんと大人用の自転車。ww
a0286351_3114724.jpg

自転車道が整備されていて実に快適。
a0286351_3121921.jpg

名物(?)Black Swan。初めて見ました。ホントに黒い。
a0286351_313286.jpg

午後はパース近郊スワンバレーのワイナリーめぐり。
a0286351_3134463.jpg

片っ端から試飲。
a0286351_3141481.jpg

冷酒(日本酒)もイイけど、スパークリングワインもたまらんなこりゃ。
a0286351_3145144.jpg

うぃ~、こいつぁ気持ちイイ。ヒジョーにさわやか。
a0286351_316170.jpg



ふと思い出す、大昔M吉と行った北岳バットレス第4尾根。
a0286351_3163484.jpg

1泊2日で小太郎山の扇沢から沢登りで稜線に上がり、一旦大樺沢に下りてバットレスに継続。第4尾根は取付きで既に昼過ぎ、頂上で日暮れ、ヘロヘロで広河原に下りてきたのが22時すぎ。何だったんだあの苦労は。
とてつもなくかけ離れた世界。w


WINERYに2軒寄ってからBREWERYに継続し、次は6種類地ビールお試しセット。
a0286351_3174338.jpg

翌日。
a0286351_3181085.jpg

アップルサイダー。これまた美味。ビールと同等のアルコール度数なので、要注意です。
a0286351_3194066.jpg

パースはそこらじゅうバーだらけの、素晴らしい街でした。


帰国前夜は、ビジネス街“シティ”の中心にあるバーへ。昔印刷工場だった建物をそのまま使ってます。
a0286351_3203784.jpg

タスマニアの生牡蠣。ウマい。
a0286351_3211814.jpg

a0286351_3222884.jpg

「うめえうめえ」「こいつぁーまいった」
a0286351_3222155.jpg


ほんじゃ帰ります。あー面白かった。また来たくなるねえ。
a0286351_3231732.jpg



おしまい


*関連記事 「パースぶらぶら ①ロットネスト島編」
http://shigakukai.exblog.jp/22505839/
[PR]
by shigakukai | 2016-02-24 12:00 | いろいろ | Comments(0)

パースぶらぶら  ①ロットネスト島編

西オーストラリアのパースに住んでいる、志岳会古参会員M吉のところに遊びに行きました。

パース、まっ平です。山はありません。
a0286351_17411133.jpg

到着後、まずは乾杯。Fish&Chipsでびーる。
a0286351_1742913.jpg

翌日は、自転車持参でパースの沖合19kmにあるロットネスト島(Rottnest Island)へ。
a0286351_17431545.jpg

ロットネスト島から見たパースの街。こんな距離感です。
a0286351_17433945.jpg

島一周をサイクリング。都合により子供用自転車にて快走中のM吉。www
a0286351_17442749.jpg

a0286351_17444825.jpg

なんつー透明度。すげー。
a0286351_17452758.jpg

ふと思い出す、大昔スキー担いでM吉と行った春の笠ヶ岳大倉尾根(谷川連峰)。
2mの板担いで、上部は頂上まで猛烈な藪こぎ。(板が長いほど粋、という時代でした)
とてつもなくかけ離れた世界。ww
a0286351_17462721.jpg

島の中心にある灯台が見えてきました。
a0286351_17492696.jpg

クオッカという小動物。保護されていて、奈良の鹿のように人馴れしています。
a0286351_1751302.jpg

a0286351_17521628.jpg

島の西端、Cape Vlamingh。ここから西は、アフリカまでずーっと海。
a0286351_1753553.jpg

オットセイじゃん!
a0286351_17534983.jpg

a0286351_17541720.jpg

a0286351_17553528.jpg

パースに戻ります。
a0286351_17572495.jpg

港町、フリーマントル(Fremantle)。
a0286351_17581948.jpg

パースでは、かっちょいい旧車をよく見かけました。
a0286351_1758565.jpg

夜は、醸造所のパブでChili Mussel(ムール貝のチリソース)をつつきながら地ビールがぶ飲み。
a0286351_1801320.jpg

a0286351_1803682.jpg


つづく
[PR]
by shigakukai | 2016-02-21 19:00 | いろいろ | Comments(0)

【空撮】イランの山、トルコの山

ひょんな用事で中東のカタールからトルコのイスタンブール行きの飛行機に乗ったら、イランとトルコの山が丸見え。大ラッキー。

飛行ルートはこんな感じ。
a0286351_3304876.jpg

カタールのドーハとイスタンブールを直線で結ぶと、イラクとシリアを通るのが最短ルートになりますが、さすがにそんな物騒なところは通らないようで、イランから回り込んでトルコに入ります。

ペルシャ湾のドン詰まりからイランに上陸すると、いきなり茫々と広がる山岳地帯。
イランってこんなに山だらけだったんスか。
a0286351_332952.jpg


おろろ!こんなところに残雪の山!!
a0286351_3333033.jpg

あとでgoogle mapで調べてみたら、オシュトラーン山(Oshtran,4050m)と判明。

ちなみにイランの最高峰はダマバンド山(5,671m)。
恐るべし、イランの山々。密かに高い山がゴロゴロあります。


イランをぬけてトルコ領に入り、ヴァン湖上空を通過。
ここは標高約1700m、高い濃度のソーダ性アルカリ塩湖だそうです。
遠くに見える富士山みたいな山は、ひょっとして・・・
a0286351_3362648.jpg

アララト山(5,137m)!!
a0286351_338318.jpg

アララト山はご存知、『旧約聖書』でノアの箱舟が大洪水の後に流れ着いたとされる山です。

ちなみに湖の右手に浮かんでいる小さい島はアクダマル島。
10世紀建造のアルメニア教会があることで、ちょっと有名だそうです。

Zoom Up !!
a0286351_3391498.jpg


ヴァン湖を過ぎると、またまた残雪の山が登場。
シュパン山(Suphan)という山で、ボテっとしているので高く見えませんが、標高は4,058mあるそうです。
a0286351_3405625.jpg

Zoom Up !!
a0286351_341384.jpg


イスタンブール到着~♪
a0286351_3422141.jpg

ボスポラス海峡
a0286351_3425751.jpg

ガラタ塔から見た旧市街。
丘の上のミナレット(尖塔)が立っているデカい建物は、左から、アヤソフィア、スルタン・アフメット・ジャーミー(通称ブルー・モスク)、ちょっと離れて右端がスレイマニエ・ジャーミー。
a0286351_343456.jpg

ロカンタ(大衆食堂)で爆食。
a0286351_3442543.jpg

散歩がてら連絡船に乗って、ボスポラス海峡をヨーロッパサイドからアジアサイドへ。
a0286351_301178.jpg

アジアサイドの街、ウスキュダル。
a0286351_3555753.jpg


ちなみに、イスタンブール周辺に山はありません。
「光る砂漠」もありません。 ←古い

おしまい


(6月下旬)
[PR]
by shigakukai | 2015-07-01 11:20 | いろいろ | Comments(0)

ロープは天丼

海外の登山具屋で見つけた、見慣れないブランドのロープ。
a0286351_12513428.jpg


・・・・天丼。  (;゚Д゚)

テンションかけると、外被が剥離して芯だけズルッと出てきそうです。(エビ天か)
a0286351_12522324.jpg


トップ:このロープ大丈夫か?どこのだ?!
セカンド:天丼。
トップ:あぁ?!
セカンド:天丼。
トップ:ぐぁぁぁー! (←墜落)

ブチッ!

なんてね。

韓国のTHE REDFACE(赤ら顔)級の破壊力を持ったブランド発見かとワクワクしてネットで調べてみたら、チェコのちゃんとしたメーカーらしいことが判明。
全然知りませんでした。大変失礼しました。

【ホームページ】
www.mytendon.com

俺の天丼どっとこむ。www
めちゃめちゃ覚えやすい。

おわり
[PR]
by shigakukai | 2015-05-26 17:50 | いろいろ | Comments(0)

【空撮】アラビア半島の山

ひょんな用事で中東のカタールからアフリカのウガンダ行きの飛行機に乗ったら、アラビア半島が丸見え。大ラッキー。

飛行機に乗るタラップで、不審な黄色人種を凝視する少女。・・・そんなに見ないでくれー ww
a0286351_1905487.jpg

ドーハを離陸後、バーレーンを避けるように回り込んで、サウジアラビア東部最大の都市ダンマームからアラビア半島に侵入。
a0286351_1913417.jpg

ダンマームの街は、整然としてます。
a0286351_192825.jpg

そこからはず~~っと砂漠。
でもところどころに遊牧民らしき人の住居が見えます(驚)。 人生いろいろ。
a0286351_1925454.jpg

機内食はアラブ諸国でポピュラーなフール・メダメス(foul medames)という豆料理。かなりマズそうな色合いですが、実はとても美味。
a0286351_193441.jpg

食事しながら外をきょろきょろ見ていると、砂漠の中にいきなりサウジアラビアの首都リヤド出現。このシコーキ、こんな方角に進んでたワケ。(驚)
a0286351_1951265.jpg

しかしこの街、水どうしてんだろ・・・。

リヤドを通り過ぎると山っぽいものは見えてきたものの、「山」というよりは浸食で残った地面の「皺(シワ)」。
a0286351_1955458.jpg

おっ、ちっちゃな岩塔発見! ・・・アプローチ不能。w
a0286351_1963340.jpg

こんな地形が延々、茫々と続きます。

イエメンに入ると、山が出てきました。
a0286351_1981186.jpg

この山なんかかなり立派で、標高3,000m以上ありそうな感じ。
a0286351_1984583.jpg

でも、麓から頂上まで全部カッサカサ。しかも、相当上の方まで人家が見えます。

ちなみにアラビア半島最高峰は、イエメンの首都サヌアの近くにあるナビー・シュアイブ山(標高約3,600m)という山らしいです。

山岳地帯を抜けると、紅海が見えてきました。すげー♪♪♪
こちらがアラビア半島、向こうがアフリカ大陸のエリトリアという国。
a0286351_1910194.jpg

画面右方向(北)、紅海を北上するとどん詰まりがスエズ運河。
画面左方向(南)に行くと、ソマリアの海賊で有名なアデン湾。
紅海が一番狭くなってるあたりを横切って、ジブチ共和国からアフリカ大陸に入ります。

うおっぷ、ジブチのアッサル湖(Lake Assal)!
ここは海抜マイナス153 mにある塩湖で、ここの湖水の塩濃度は地球上で最も高いそうです。
ちなみに普通の海水は3.5%くらい、アッサル湖は35%だとか。
a0286351_19120100.jpg

少し行くと、エチオピアとジブチの国境にあるアッベ湖(Lake Abbe)。
湖の左上のクレーターのように見えるのは、ダーマ・アリ山(Mt. Dama Ali)という標高1,069mの火山。荒涼とした特異な風景らしく、昔の映画「猿の惑星」はここで撮ったとか。
a0286351_1912796.jpg

エチオピアを抜けてケニアをかすめて、ウガンダ到着~。
首都カンパラの中心部上空を通過してエンテべ空港に着陸。
a0286351_1913243.jpg

カンパラ市街のヤギ焼き屋。絶品。
a0286351_1914591.jpg

結論:アラビア半島に面白そうな山は見あたりませんでした。 www

おしまい
[PR]
by shigakukai | 2014-12-21 19:58 | いろいろ | Comments(0)

【空撮】天城越

ひょんな用事で真っ昼間に大阪から飛行機で帰って来たら、伊豆半島と天城の山々が丸見え。
大ラッキー。

美しい西伊豆の海岸線(戸田~土肥~田子~堂ヶ島~松崎)から伊豆半島に侵入。
a0286351_3413417.jpg

どへ~、こりゃ絶景。伊豆半島南部のど真ん中から北方向を見たところ。
a0286351_3415257.jpg

左が駿河湾、右が相模湾、正面の谷が狩野川。
狩野川が平野[画面上方向]に出る手前のS字部分が修善寺。
狩野川上流[画面下方向]が突き当たる稜線鞍部[画面右手前]が天城峠。

天城ぃぃぃ~越ぉぉぉぉえ~ ♪
a0286351_3413319.jpg

矢印の先が天城峠。その右上が、万三郎・万二郎岳の山並み。
残念ながら八丁池は小さすぎて見えません。

おっ、河津ループ橋も見える!
a0286351_3422552.jpg

天城の山々と東伊豆の海岸線(伊東~城ケ崎~河津)。
相模湾の向こうに、湘南と相模平野。実にいい天気♪
a0286351_342469.jpg

くびれてます、伊豆半島。
[PR]
by shigakukai | 2014-08-20 11:45 | いろいろ | Comments(0)


東京志岳会の山行写真集


by shigakukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

春の山 [Spring]
夏の山 [Summer]
秋の山 [Autumn]
冬の山 [Winter]
いろいろ
東南アジアの山

最新の記事

お手軽!赤い針峰群・ランデッ..
at 2018-09-08 20:02
イタリアアルプス・グランパラ..
at 2018-09-08 19:52
雨の奥穂高岳
at 2018-09-06 10:00
黒槐沢(多摩川源流)
at 2018-08-16 17:30
行くもんじゃない・・・真夏の..
at 2018-08-06 19:51
豆焼沢(奥秩父)
at 2018-07-22 19:00
酷暑の日和田山でダッシュボー..
at 2018-07-15 19:35
アヤメ平から尾瀬ケ原
at 2018-07-12 21:54
白峰三山日帰り縦走
at 2018-07-08 19:00
乾徳山
at 2018-06-23 21:30
谷川岳天神尾根
at 2018-06-07 11:00
スッカン沢・桜沢(那須)
at 2018-05-29 11:00
荒船山(西上州)
at 2018-05-18 10:30
新緑の赤岩岳(奥秩父)
at 2018-05-11 10:26
奥白根(日光白根山)
at 2018-04-24 22:28
【空撮】南アルプス
at 2018-03-28 10:09
木下沢梅林から今熊山
at 2018-03-18 22:15
茅ヶ岳・金ヶ岳
at 2018-03-12 18:30
西穂高岳
at 2018-03-10 09:30
竜ヶ岳
at 2018-03-03 23:30

外部リンク

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧