カテゴリ:冬の山 [Winter]( 37 )

八ヶ岳・赤岳主稜

入山 (美濃戸~行者小屋)
a0286351_12304122.jpg

あとから上がってくる仲間のための目印、「山火事注意」。なるワケねー。w
a0286351_12302190.jpg

赤岳主稜。あまり明瞭なリッジではありません。
取付き最初の岩場を抜ければ傾斜は緩くなり、あとは大体歩いて登れます。
a0286351_1231321.jpg

この先にも一段岩場がありますが、こちらは簡単。
遠くに見えるのが行者小屋。
a0286351_12304329.jpg

はい、頂上。到着メール送信。
a0286351_25027.jpg

文三郎新道から見た横岳西壁。
a0286351_123453.jpg

その上下、ひょっとしてただの雨具・・・  爆
a0286351_2563110.jpg

***
年中山にいることはできませんが、山の記憶は行動のすべてに影響します。
自分が今いるところを示す基準点になります。
(ダグ・スコット)
***


(1月中旬)
[PR]
by shigakukai | 2012-12-22 12:41 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)

鹿島槍ヶ岳北壁 蝶形岩壁「氷のリボン」  [Photo Gallery]

真ん中の氷瀑が「氷のリボン」。
中段にクライマーが2人見えます。
a0286351_2323215.jpg


五龍岳・遠見尾根から見た鹿島槍北壁。手前(左)のピークが北峰、奥(右)が南峰。
円の部分が蝶形岩壁です。左のスカイラインは天狗尾根。(1月撮影)
a0286351_23231374.jpg


遠見尾根をもうちょっと東に行ったところから見た、鹿島槍北壁。(4月下旬撮影)
a0286351_139379.jpg

[PR]
by shigakukai | 2012-12-06 23:30 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)

生藤山 デタラメハイキング

今日はファミリーハイキング。朝八王子駅集合。
しかし、誰かが行き先考えてくるかと思ったら、全員無策で地図もなし。
とりあえずわらわらと中央本線に飛び乗った。

滝子山、高川山、倉岳山、百蔵山、扇山、笹尾根、陣馬山・・・・
沿線の山を思い浮かべても、どれもイマイチ。

あれこれ議論しているうちに電車は藤野を過ぎ、結局「上野原より先に行ってもあまりイイことはなさそうだ」との結論に至って、あわてて上野原で下車。

「じゃ~最寄りの生藤山でいいか」ってことになり、行先は生藤山(しょうとうさん)に大決定。


「こうきたら、こう」  (上野原駅前 バス待ち中)
a0286351_111068.jpg

バスの車内は、中高年ハイカーの熱気でムンムン。
a0286351_1110231.jpg

石楯尾神社から歩き出します。
a0286351_11103363.jpg

おやじの装備、紙袋だけ。服も完全に普段着・・・。
a0286351_11104298.jpg

札幌の秀岳荘オリジナルザックだぜぃ。
a0286351_11105075.jpg

富士山がきれい。
a0286351_11105738.jpg

はい、頂上。
a0286351_1111750.jpg

生藤山~醍醐丸、冬枯れの稜線。
醍醐丸は八王子市最高峰らしい (←やけにメッシュが細かい)
a0286351_11125666.jpg

a0286351_23324456.jpg

陣馬山を越えるつもりだったけど、結局面倒くさくなって和田峠から下山。


「こうきたら、こう」
(zzzzz......)   (和田峠道)
a0286351_1113468.jpg

上恩方
a0286351_2332428.jpg

a0286351_11131358.jpg

(とーちゃん寝ちゃったゼ)
a0286351_11132077.jpg

八王子市最高峰全員登頂を祝し、帰りに高尾の居酒屋で大酒飲んで帰宅。
実にデタラメなファミリーハイキングでした。

コース:石楯尾神社-生藤山-醍醐丸-和田峠-上恩方

(12月上旬)
[PR]
by shigakukai | 2012-12-01 11:27 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)

初冬の平標山 (谷川連峰)

紅葉は大体おしまい、雪山シーズンはまだ。この時期は行き先に困ります。
お天気は、前々日に二つ玉低気圧通過、前日が西高東低、当日は移動性高気圧が日本海に入って来そうな感じ♪

これは上越方面に行く大チャンス。
せっかくだから普段あまり行く機会のない山に行っちゃおうか、ということで平標山(たいらっぴょう)へ。

ド快晴。霧氷が眩しいです。
a0286351_23191231.jpg
a0286351_23192723.jpg

やっほー♪♪♪
a0286351_2319405.jpg

a0286351_134239.jpg

嗚呼、なんと美しい木々でしょう。(感涙)
a0286351_1342615.jpg

風で小枝から剥がれた氷がハラハラと舞い上がっていきます。
a0286351_1344398.jpg

苗場スキー場。苗場山から離れた、筍山(たけのこやま)という小さい山の斜面にあります。
ちなみに、苗場スキー場から苗場山は全然見えません。
a0286351_23194971.jpg

これがホントの苗場山。立派。ド真ん中の尾根が赤湯からの登路です。
a0286351_2320136.jpg

***
この国では木の葉が落ちて風が冷たくなるころ、寒々と曇りの日が続く。雪催い(ゆきもよい)である。遠近の高い山が白くなる。これを岳廻り(たけまわり)という。また海のあるところは海が鳴り、山の深いところは山が鳴る。遠雷のようである。これを胴鳴りという。岳廻りを見、胴鳴りを聞いて、雪が遠くないことを知る。昔の本にそう書かれているのを島村は思い出した。
(『雪国』川端康成)
***

森林限界を超えました。
a0286351_2320893.jpg

ツボ足で時々腿までズボーッともぐり、結構時間かかります。
a0286351_23202069.jpg

頂上手前、最後の登り。
a0286351_23202647.jpg

はい、頂上。
標識に着いたエビノシッポがかなり成長してます。
a0286351_23203774.jpg

仙ノ倉山(後ろの山)を往復したかったけど、往復2時間以上はかかりそうな雪質なので、諦めました。時間切れ。仙ノ倉山の左肩、奥に見えるのが谷川岳西面です。
a0286351_23204348.jpg

寒いのでそろそろ下りましょう。
a0286351_1373854.jpg

頂上付近は風が強かったため、少し下ったところで昼ごはん。
a0286351_1381267.jpg

平標山の家(鞍部に見える建物)に向かって下ります。
a0286351_23205711.jpg

平標山の家。とてもきれい。(閉まってたけど)
a0286351_2321643.jpg

最後はのんびり唐松林の林道歩き。
a0286351_23212599.jpg

帰りは水上に寄って、丸須製菓の「仙ノ倉万太郎」を購入。もっちりしっとり、絶品のお饅頭です。何しろネーミングが素晴らしい。山屋でもなかなかこんな名前は思いつきません。バラでも売ってますので、お土産用だけでなく、帰りの関越道の渋滞に備えて大量に買いましょう。
http://www.facebook.com/minakamionnsennmannjyuu
a0286351_23213882.jpg

コース:平標山登山口(元橋)8:30-松手山-頂上12:40-平標山の家-平元新道-登山口16:00
(11月末)
[PR]
by shigakukai | 2012-11-27 23:42 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)

八ヶ岳・赤岳&阿弥陀岳南稜 [Photo Gallery]

阿弥陀岳南稜から見る赤岳は、実に貫禄があります。 (1月)
a0286351_3575897.jpg


阿弥陀岳南稜頂上直下。
先行パーティのザック(カリマー・ジョーブラウン)がレトロで超カッコいい。
a0286351_104259.jpg



【付録】権現岳~編笠山間から見た阿弥陀岳(5月)
阿弥陀岳南稜は無雪期はブッシュだらけのガラ場になるので、登って楽しいのは冬だけ。
頂上右肩から、逆「し」の字状に手前に下りてきているのが南稜です。
正面左の一番雪が残っているルンゼが、広河原沢左俣。(アイスクライミングのクラシックルート)
a0286351_10285523.jpg

[PR]
by shigakukai | 2012-11-23 04:00 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)

北穂高岳・滝谷 [Photo Gallery]

北穂高岳と滝谷
a0286351_10175100.jpg

頂上からちょっと下に目を移します。
真ん中右上の、日が当たっている三角形部分が「ツルム」。そこから左下に向かって下りているリッジが滝谷第4尾根。ツルムの左下すぐ、短い緩傾斜部分の雪の上にクライマーが2人見えます。
a0286351_12481087.jpg

(涸沢岳西稜から)
[PR]
by shigakukai | 2012-11-17 12:53 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)

鹿島槍ヶ岳 天狗尾根上部 [Photo Gallery]

天狗尾根上部を登るクライマー2人を、隣の東尾根から撮影。(両尾根はここから少し上で合流します)
a0286351_22292382.jpg

[PR]
by shigakukai | 2012-10-30 22:29 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)


東京志岳会の山行写真集


by shigakukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

春の山 [Spring]
夏の山 [Summer]
秋の山 [Autumn]
冬の山 [Winter]
いろいろ
東南アジアの山

最新の記事

年末年始 赤石岳(南アルプス)
at 2018-01-06 10:00
十二ヶ岳・鬼ヶ岳
at 2017-12-20 22:00
白沢峠の廃ダッジ
at 2017-12-13 12:30
檜洞丸から犬越路(丹沢)
at 2017-12-01 20:35
城ヶ尾峠から菰釣山(道志)
at 2017-11-18 10:38
三条沢狼谷から狼平
at 2017-10-29 10:30
赤岩岳(奥秩父)
at 2017-10-11 08:00
片品川小淵沢(尾瀬)
at 2017-10-04 11:00
剱岳・早月尾根往復
at 2017-09-14 18:00
納涼 葛野川小金沢本谷
at 2017-09-02 10:25
阿武隈川南沢
at 2017-08-11 20:00
節刀ヶ岳・鬼ヶ岳(からみる富..
at 2016-12-11 12:41
武甲山
at 2016-12-10 16:51
空沼岳 ハイキング
at 2016-10-19 20:26
越後山脈 荒沢岳
at 2016-10-15 19:23
クラビ 観光クライミング (..
at 2016-10-10 11:25
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-22 23:37
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-20 15:26
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-19 14:35
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-17 21:15

外部リンク

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧