カテゴリ:春の山 [Spring]( 45 )

谷川岳天神尾根

天神平から谷川岳を往復します。
a0286351_22213568.jpg


ロープウェーで一気に天神平へ。

価値ある往復2060円。快適快適♪

a0286351_22213508.jpg


リフトを乗り継いで稜線へ。こちらは片道410円。

a0286351_22251629.jpg


出発~ ヤッホー♬

a0286351_22213623.jpg


a0286351_22213688.jpg


a0286351_22213582.jpg


a0286351_22221565.jpg


イワカガミ

a0286351_22221548.jpg


爼嵓(左)とオジカ沢の頭(右)

a0286351_22221643.jpg


登ってきた天神尾根

a0286351_22221670.jpg


最後に残雪を直上すれば肩の小屋

a0286351_22221672.jpg


トマの耳から見たオキの耳

a0286351_22221519.jpg


石楠花

a0286351_22224089.jpg


サンリンソウ?ハクサンイチゲかな?わーらん。

a0286351_22224017.jpg


a0286351_22224066.jpg



オキの耳から見たトマの耳。オキの耳の方が、標高が14m高いです。

a0286351_22224026.jpg


何の花でしょうか。

a0286351_22224109.jpg


a0286351_22223935.jpg


a0286351_22420207.jpg


右にのびるスカイラインは西黒尾根。
a0286351_22363188.jpg


天神平に戻ってきました。

a0286351_22230218.jpg



またとないようなイイ天気の谷川岳でした。


9:50リフト降り場⇒12:00トマの耳⇒12:20オキの耳(昼食)⇒15:30天神平


(登山日:64日)


[PR]
by shigakukai | 2018-06-07 11:00 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

スッカン沢・桜沢(那須)

栃木県の鹿股川 スッカン沢、桜沢に行って来ました。


遊歩道を1時間程下り、スッカン沢、桜沢の出合いで入渓。

a0286351_02530555.jpg


a0286351_02530578.jpg


スッカン沢は温泉成分が混じっているとかで、石も水も不思議な色合いをしています。

a0286351_02530508.jpg


見事な側壁やその側壁を落ちてくる簾状の滝を眺めながら行きます。

a0286351_02530518.jpg


a0286351_02530460.jpg

雄飛滝

a0286351_02534415.jpg



a0286351_02534454.jpg


仁三郎の滝

a0286351_02534539.jpg


a0286351_02534531.jpg


a0286351_02534483.jpg


a0286351_02540758.jpg


a0286351_02540766.jpg


a0286351_02540797.jpg


遡行終了点から遊歩道を使って出合いに戻り、今度は桜沢へ。
a0286351_02540753.jpg


出だしからは想像出来なかった幅広のナメが続き、新緑に映えていました。

a0286351_02540694.jpg


a0286351_02540647.jpg



(登山日:5月26日)




[PR]
by shigakukai | 2018-05-29 11:00 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

荒船山(西上州)

内山峠から荒船山(経塚山)を往復します。

a0286351_22062404.jpg

a0286351_22062487.jpg


登山道から見える荒船山はこんな感じ。横からチラっと見えるだけです。
a0286351_22062400.jpg



a0286351_22062387.jpg


a0286351_22062323.jpg



頂上台地に出ました。

a0286351_22065283.jpg


艫岩(ともいわ)から

a0286351_22065252.jpg


下をのぞくとこんな。

a0286351_22065134.jpg


何が起きようと、ここに邪魔な柵とか看板を設置しない地元行政はエラい。

a0286351_22065115.jpg


眼下には内山峠道。正面遠くの山は、浅間山。

a0286351_22065221.jpg


空木(ウツギ)でしょうか

a0286351_22070907.jpg

a0286351_22070810.jpg

目に染みる新緑

a0286351_22070976.jpg


a0286351_22070989.jpg

経塚山山頂。小さな祠があります。

a0286351_22070829.jpg


来た路を戻ります。頂上台地はホントにペッタンコ。

a0286351_22073077.jpg


a0286351_22073041.jpg

ミツバツツジが花ざかり

a0286351_22542551.jpg

a0286351_22073152.jpg

a0286351_22073128.jpg

少し下ったところから振り返った経塚山。

a0286351_22073031.jpg


レンゲツツジ

a0286351_22075353.jpg


よくある荒船山の写真はどこらへんから撮ったものなのだろうと思って今回来たところ、疑問が氷解しました。

a0286351_22075457.jpg


これは内山峠の群馬側の車道(R254)からしか見えない景色でした。

下の写真は内山峠道の峠の茶屋から少し下ったところからのものです。矢印が艫岩の展望台。

a0286351_22075238.jpg


内山峠旧道から神津牧場に行く車道の途中から見るとこんな感じ。

a0286351_22075290.jpg


荒船山の岩壁は北西に向いているので、午前中は逆光でこのように日があたりません。

岩壁を見るなら午後にどうぞ。

a0286351_22075300.jpg

内山峠道の新道には残念ながら展望台のような場所はなく、駐車できるスペースもほとんど無いため、写真を撮るなら車で走りながら撮るか、旧道に入るしかないようでした。

道理でガイドやらパンフに撮影スポットについてごちゃごちゃ余計なことが書いていないワケだ、と納得。


(登山日:515日)



[PR]
by shigakukai | 2018-05-18 10:30 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

新緑の赤岩岳(奥秩父)

昨年秋に来たものの、のんびり登ってたら時間切れになっちゃって途中で引き返したので、リベンジです。

a0286351_22593457.jpg


日窒鉱山住居跡から赤岩岳へ。

a0286351_01274715.jpg


まずはちょっと廃屋見物。

a0286351_01274808.jpg

赤岩峠への登路

a0286351_01274809.jpg

赤岩峠。コルは冷たい風が吹き抜けています。

a0286351_01274875.jpg

西は遠くに八ヶ岳

a0286351_01274754.jpg


頂上稜線から見た日窒鉱山の谷。

a0286351_01281696.jpg

ド快晴♪
a0286351_01281701.jpg

a0286351_01281735.jpg


ヤシオツツジが花ざかり

a0286351_01281763.jpg

ちょっと一休み
a0286351_02095302.jpg


a0286351_01281654.jpg

ややこしい地形で、全然水平距離を稼げません。
a0286351_01284654.jpg

両神山

a0286351_01284780.jpg

1583m峰あらわる。

a0286351_01284738.jpg

フェースから登るルートはこんな感じ。

a0286351_01284609.jpg

階段状で簡単ですが、高度感があるので念のためロープで確保。

a0286351_01284607.jpg

a0286351_01291696.jpg

ちょっとした下りがいやらしかったりします。

a0286351_01291633.jpg

やって来た稜線

a0286351_01291787.jpg

二子山

a0286351_01291709.jpg

P2から見たP1

a0286351_01291600.jpg

P1を越えれば、あとは普通の登山道。

a0286351_01295486.jpg

八丁峠到着

a0286351_01295696.jpg

上落合橋に下りて、車道を日窒鉱山住居跡へ戻ります。

a0286351_01295637.jpg


a0286351_01295681.jpg

狩倉岳

a0286351_01295770.jpg

a0286351_02023464.jpg


8:30日窒鉱山住居跡⇒9:40赤岩峠⇒赤岩岳⇒12:00 1583m峰ピーク⇒15:30八丁峠⇒16:45日窒鉱山住居跡


(登山日:55日)




[PR]
by shigakukai | 2018-05-11 10:26 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

奥白根(日光白根山)


どこかに置いてきたワカンを捜索に奥白根へ。


★1日目 快晴
湯本11:00~外山14:40~天狗平15:00~前白根16:10~避難小屋16:45(テント)


スキー場出発!
やっぱり晴れ女が一緒にいくと天気が良いね~
a0286351_21331556.jpg


外山までは急登です。
雪に氷にガラガラの石ころで、とても歩きづらい・・・
(それに二日酔いがプラスされて、余計に歩きづらい・・・
(前日、会社の歓迎会で飲みすぎました))

a0286351_21373763.jpg


がんばれ~!

a0286351_21380690.jpg

a0286351_21394910.jpg

男体山、女峰山、大真名子、子真名子。
ぜんぜん雪がありません。

a0286351_22033404.jpg


前白根山で記念撮影。

a0286351_21403181.jpg

a0286351_21502297.jpg


避難小屋

a0286351_21505640.jpg


テントを張る前にしっかりビールを冷やしておきます。

a0286351_21530129.jpg

今回は1泊2日のらくちん山行だったため、みんなお酒を持ってきすぎ!
どおりで急登がきつかったわけだ~

次の日の白根山登頂に向けて、テントの中で、たらふく飲んで、
シェフの料理を堪能して、ぐっすりねました。




★2日目 快晴
テント6:00~白根山山頂7:10~テント8:00~前白根~外山~湯本13:10

テントから白根山に向けて出発!
やっぱりこの日もいい天気!!
a0286351_21554366.jpg


そして、やっぱり急登がきつい!

a0286351_21555650.jpg


急登を登りきると、いい景色が広がります。

a0286351_21562767.jpg
a0286351_21583779.jpg
a0286351_21585140.jpg

山頂からの眺め

a0286351_21590521.jpg


記念撮影。

a0286351_21591433.jpg


またね~白根山
今度は新緑の時期か、紅葉の時期か・・・?
(またワカンを探しにか・・・?)

a0286351_22024086.jpg


今度は下山後の反省会でのビールを楽しみにはりきって下山したのでした。

a0286351_22022989.jpg



白根山のお地蔵さん
a0286351_22120879.jpg

山は楽しく安全に。
そして・・・飲みすぎには注意しなさいよ

そう言って
微笑んでいるようでした。
(反省しています)


2018.4.21-22 o


[PR]
by shigakukai | 2018-04-24 22:28 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

木下沢梅林から今熊山

梅の花を愛でに、高尾の木下沢梅林へ。ついでに今熊山まで低山散策。

a0286351_21454728.jpg


梅林に入れるのは10時からです。

a0286351_21454789.jpg


a0286351_21454747.jpg


a0286351_14555806.jpg


北浅川

a0286351_21454861.jpg


上恩方の宮尾神社から鳥切場(とっきりば)に上がる尾根が、入山峠道のトンネルの真上を通るところ。サイクリストが結構な頻度で往来しています。

a0286351_21454418.jpg


刈寄山から今熊山に続く尾根道。こちらはトレイルランナーが結構な頻度で往来しています。

登山者をどかして通るのがうしろめたいのか、皆さんめちゃめちゃ腰が低い。

a0286351_21454573.jpg

こっちまでつられて「えっへっへ、どうぞどうぞ」と愛想良くなってしまった。



今熊山から見た五日市の町。

a0286351_21454641.jpg


木下沢梅林、行くなら今週中です。



9:00木下沢梅林⇒狐塚峠⇒11:30夕やけ小やけの里⇒鳥切場⇒入山峠⇒14:40今熊山⇒15:15今熊山登山口


登山日:318



(こげさわばいりん・いまぐまやま)



---------------------------------------------------


【おまけ】4日後に雪。


梅の花が心配で、また見に行ってしまった。

a0286351_00034803.jpg


a0286351_00034837.jpg


a0286351_00034849.jpg


a0286351_00034894.jpg



オツです、梅に雪。



[PR]
by shigakukai | 2018-03-18 22:15 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

茅ヶ岳・金ヶ岳

a0286351_13384162.jpg

天気良さそうなので軽いハイキングに行きたいけど丹沢・奥多摩はスギ花粉が怖くて寄り付けず、雪山は遠いので日帰りではちょっと面倒。関越道はスキー客で混みそうだから、行くなら中央道沿い。

「んじゃ茅ヶ岳なんてどおヨ」、という話の展開で茅ヶ岳へ。



深田記念公園駐車場から登りは尾根道、下りは女岩経由で茅ヶ岳・金ヶ岳を往復します。

a0286351_13384180.jpg


頂上が見えてきました。

a0286351_13384060.jpg


霧氷がきれい

a0286351_13384031.jpg

a0286351_13384058.jpg

a0286351_22454869.jpg


はい、頂上。

a0286351_13390276.jpg


茅ヶ岳から見た金ヶ岳。奥が北峰(本峰)、手前が南峰です。

a0286351_13384016.jpg


阿弥陀岳南稜に行っている仲間を、双眼鏡でチェック。


「あ~、いたいた。」  (←ウソ)

a0286351_13390206.jpg


金ヶ岳へ。北面なので少し雪がありました。

a0286351_13390126.jpg

a0286351_22454817.jpg


金ヶ岳への登路から振り返った茅ヶ岳

a0286351_13390124.jpg


金ヶ岳北峰到着

a0286351_13390137.jpg


太刀岡山。岩場は裏側にあります。

a0286351_13390257.jpg


大岩の上でちょっと一休み。

a0286351_13391804.jpg


ようやく八ヶ岳方面の雲が消えました。

a0286351_13391841.jpg

瑞牆山から金峰山の山並み
a0286351_14082001.jpg


下山

a0286351_13391702.jpg


女岩

a0286351_13391788.jpg


麓から。矢印左から金ヶ岳北峰、南峰、右が茅ヶ岳。

a0286351_13391750.jpg


帰り道、ドカンと富士山。

a0286351_13391890.jpg


8:00駐車場⇒10:30茅ヶ岳頂上⇒12:00金ヶ岳北峰⇒13:45茅ヶ岳頂上⇒16:00駐車場

登山日:311


(かやがたけ・かながたけ)


[PR]
by shigakukai | 2018-03-12 18:30 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

丹沢山塊 畦ヶ丸山

本当はマスキ嵐沢の予定でしたが、前日までの雨にビビッて山歩き変更。
行ってみたら水量はそれほどでもありませんでした。
a0286351_23574213.jpg


a0286351_2356984.jpg


a0286351_2358910.jpg

気持ち良さそう。



山頂で、記念撮影。

a0286351_2359683.jpg


(いいなあ〜、私も一緒に行きたかったです・・・。)


a0286351_23582862.jpg


西丹沢自然教室から登り、大滝橋に下りてきて、ぶなの湯に寄りました。
途中、巣の材料を集めている鳥を見ました。シジュウカラかなぁ。

2016.05.28
[PR]
by shigakukai | 2016-07-26 00:02 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

富士山(須走)


おお〜、いい天気!
a0286351_23415881.jpg


須走口5号目から出発!目標は、頂上にテント。
a0286351_23434593.jpg


しかし、荷物が重すぎたせいか、高山病?でふらふら・・・
気持ち悪いし、頭がぼーっとして、じっとしていると寝てしまう・・・

歩けない・・・

というわけで、7合目にテントを張り
13時から宴会!昼寝!宴会!
ビールのおかげで気持ちわるいのが一時的に治りました。
a0286351_23445817.jpg


いいながめ。
a0286351_2347070.jpg


a0286351_23474682.jpg


水が手に入らないかもしれないので、念のため水を持って行きましたが、
昼間は雪解け水がとうとうと流れていました。
(朝は少ししか流れてませんでした)
一昨年11月の富士山も、確か重い思いをして水を担いで行ったっけなあ。

頂上が見えてきた!
a0286351_23491125.jpg


お鉢の中のこの滝。
a0286351_23502149.jpg

むかーーーし、師匠は、これを登ったそうです。
頂上は吹き飛ばされるような風が吹いていました。

時計回りでお鉢巡りをして、砂走りを降りてきました。
a0286351_23513231.jpg


おつかれさまでした〜

2016.05.21-22
[PR]
by shigakukai | 2016-07-20 23:52 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

札幌岳(豊滝コース)

志岳会 北海道支部。
初活動のため、ヒグマ怖いなあ〜と人が多そうな山、札幌岳を選びました。

天気:晴れ
コースタイム:真駒内〜豊滝バス停(8:00)〜林道終点(9:35)〜豊滝コース〜山頂(11:00ー11:45)〜冷水小屋(12:50)〜駐車場(14:15)

バス停に、ヒグマ注意。
a0286351_1335948.jpg


しばらくは林道歩き。
写真を見ると気持ちいい雰囲気ですが、やっぱりヒグマが強く、早歩き。
暖かくて、早くも汗だくです。
a0286351_13745100.jpg


林道が終わると、だんだん登りになります。
そろそろ誰かいないかな〜と期待してみるものの、出会うのは綺麗な花や新緑、小鳥たち。
シラネアオイは見頃でした。
a0286351_13125258.jpg


どうかクマには会いませんよーに!と鈴をこれでもかというくらい鳴らして歩きました。
稜線に近づくにつれて、クマへの恐怖心にも慣れてきて気持ち良く歩けるようになりました。

稜線上がる前は、段差地形。
途中で踏み跡を見失い、適当なところから稜線に上がりました。

稜線は、ヤブ。こんなかんじ。
a0286351_13171720.jpg


ヤブを漕いで、最後はちょっとした岩場。
それをこえたら山頂です。

a0286351_13224112.jpg


羊蹄山がかっこいい!
でもやっぱり富士山の方がかっこいいな〜と本州を想うのでした。

下りは、人のいるコース、冷水コースへ。
雪がまだまだ残っていました。
雪解け水で、登山道は沢のようになっていました。

帰りは豊平峡温泉で汗を流して帰宅。


おまけ・登山道で出会った花
コミヤマカタバミ
a0286351_13331259.jpg


サンカヨウ
a0286351_1335214.jpg


ツバメオモト
a0286351_13411469.jpg


まだサクラが咲いていました〜
a0286351_13452939.jpg




豊滝コースは人気のないコースなのか、山頂まで誰とも出会いませんでした。

2016.05.29
[PR]
by shigakukai | 2016-06-25 13:48 | 春の山 [Spring] | Comments(0)


東京志岳会の山行写真集


by shigakukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

春の山 [Spring]
夏の山 [Summer]
秋の山 [Autumn]
冬の山 [Winter]
いろいろ
東南アジアの山

最新の記事

アヤメ平から尾瀬ケ原
at 2018-07-12 21:54
乾徳山
at 2018-06-23 21:30
谷川岳天神尾根
at 2018-06-07 11:00
スッカン沢・桜沢(那須)
at 2018-05-29 11:00
荒船山(西上州)
at 2018-05-18 10:30
新緑の赤岩岳(奥秩父)
at 2018-05-11 10:26
奥白根(日光白根山)
at 2018-04-24 22:28
【空撮】南アルプス
at 2018-03-28 10:09
木下沢梅林から今熊山
at 2018-03-18 22:15
茅ヶ岳・金ヶ岳
at 2018-03-12 18:30
西穂高岳
at 2018-03-10 09:30
竜ヶ岳
at 2018-03-03 23:30
年末年始 赤石岳(南アルプス)
at 2018-01-06 10:00
十二ヶ岳・鬼ヶ岳
at 2017-12-20 22:00
白沢峠の廃ダッジ
at 2017-12-13 12:30
檜洞丸から犬越路(丹沢)
at 2017-12-01 20:35
城ヶ尾峠から菰釣山(道志)
at 2017-11-18 10:38
三条沢狼谷から狼平
at 2017-10-29 10:30
赤岩岳(奥秩父)
at 2017-10-11 08:00
片品川小淵沢(尾瀬)
at 2017-10-04 11:00

外部リンク

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧