越後山脈 荒沢岳

夏合宿第2弾は剱岳・・・の予定でしたが、台風の影響等で天気がイマイチ。
いろいろ悩んだ結果、荒沢岳に行ってきました。

天気:午前中は晴れ。午後はほとんど曇り。たまに青空がチラッと見える程度。
帰りは雨がパラパラきました。

駐車場(7:40)〜前山(8:25-8:35)〜鎖場取付き手前(9:30-10:10)〜前嵓上(11:00-11:30)〜頂上からコブ3つ手前(12:35-13:25)〜荒沢岳頂上(13:40-14:00)〜前嵓上(15:00-15:15)〜前嵓下(16:05-16:30)〜前山(17:50-18:00)〜駐車場(18:45)

荒沢岳概念図
a0286351_1952228.jpg


a0286351_1954017.jpg


a0286351_1971788.jpg


タマゴダケ 美味らしい。
a0286351_1982532.jpg


越後駒ヶ岳
a0286351_1993897.jpg


クルマバハグマ
a0286351_19105759.jpg


鎖場
a0286351_19121813.jpg


前嵓 稜線沿いを行かずに巻いて行きます。
a0286351_1913414.jpg


巻き道には鎖が設置されています。
見上げると、お尻しか映らないので、上から記念撮影。
a0286351_19152874.jpg


ツルリンドウ
a0286351_19182796.jpg


a0286351_19193278.jpg


山頂で記念撮影。
a0286351_19211658.jpg


紅葉にはまだ早かったです。
お疲れさまでした〜

2016.9.24
[PR]
# by shigakukai | 2016-10-15 19:23 | 秋の山 [Autumn] | Comments(0)

クラビ 観光クライミング (タイ)

タイの西海岸プーケットの近くにある小じんまりした観光地クラビ(Krabi)で、クライミング。

リゾートホテルがたくさんあるアオナン(Ao Nang)の街に泊まり、ライレイ・ビーチ(Railay)の岩場に行きます。
a0286351_313211.jpg

ライレイには道は通じておらず、アオナンからボロい連絡船で行き来します。片道約20分、運賃は往復約600円。舟に乗る際に膝くらいまで濡れるので、海パン&ビーサンで行かないと面倒なことになります。

ライレイ・ビーチ到着。
a0286351_315930.jpg

ライレイ・ビーチの土産物屋街。ここにクライミングショップが数軒あります。
a0286351_32344.jpg

a0286351_332687.jpg

ガイド料は半日一人1000バーツ(約3000円)。これはお店に直接行った時の値段で、アオナンのツアー業者を通すともう少々高いようです。

道具(ハーネス・シューズ・ロープ・ビレイデバイス・ヌンチャク)は借りても借りなくても値段は一緒。ヘルメットも「かぶりたけりゃどうぞ」と言う感じで貸してくれます。

ガイドはどこでもスイスイ登ってトップロープをかけてくれます。これで半日3000円は、値頃感満点。

ガイドなしでロープ(60か70m)のみレンタルすることも可能でした。1回900円くらい。トップロープをセットする支点の高さは20~30mくらいで、使うロープは60mか70mです。50mでは足りないルートが多く、念のため50mを1本持って行きましたが、結局使いませんでした。

手ぶらで行っても全部道具は借りられますが、レンタル用品はかなりボロいので、自分のハーネス・シューズ・環付カラビナ&ATC 、これらさえ持っていけば気分よく登れます。

トポは入手不能。本になったものがあるみたいですが、お店では売ってません。
でもガイドがいれば、ルートやグレードをあれこれ全て教えてくれるので、トポは不要。

ガイドを雇うもうひとつのメリットは、混雑時の対応。
やさしめのルート(フレンチグレード5bくらい)は、観光客の体験クライミングの人も多いので、かなり混みます。こういう時はガイドが掛けたロープはそこに垂らしっぱなしにされて、ガイド同士がロープを融通し合って自分の客以外の客にも「どうぞどうぞ」と登らせます。ガイドなしで自力で登ろうとすると、この仲間に入れないので、アウェー感漂う中で順番待ちをしたりして、気も時間も無駄に使うことになります。

・・・ということが、行って初めてわかりました。

Diamond Caveというちょと陸地を入ったところにある小さな岩場。
海辺の岩壁は、満潮時はアクセス不能で登れないので、干潮になるまではここを登ります。
a0286351_34367.jpg

a0286351_35210.jpg

ガイドさん。皆気のイイ人たちばかりでした。
a0286351_3455812.jpg

海辺にあるOne-Two-Threeという名の岩場。
a0286351_353387.jpg

a0286351_355489.jpg

a0286351_362382.jpg

a0286351_3462717.jpg

干潮のEast Railay Beach。
a0286351_372047.jpg

アオナンの街に戻ります。まだ雨季が終わっていないので、海は少々荒いです。
a0286351_374951.jpg

アオナンのビーチ
a0286351_38155.jpg

保存版 ライレイビーチ全図。
a0286351_385870.jpg

a0286351_310092.jpg


ライレイビーチに泊まると岩へのアクセスはイイものの、食事の選択肢がホテルのレストラン以外に全くありません。道が通ってないので、物価も高めです。
一方、アオナンの街に泊まると、岩に行くために毎回往復600円のボロ舟に乗る必要がありますが、その代りホテルや食事の選択肢が多くて楽しいです。また、近所のいろいろな島に行く連絡船の発着場があるので、岩登り以外の遊びも充実します。
ライレイ泊かアオナン泊か、どちらも一長一短という感じです。


岩登りは「高い山の上でやってこそ」との思いがあって、海辺の崖登りには今まで全く興味がなかったのですが、やってみたらかなり面白かった。

また来る可能性大。

(9月下旬)
[PR]
# by shigakukai | 2016-10-10 11:25 | 東南アジアの山 | Comments(0)

【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 その4(前穂北尾根)

★5日目(8月14日) 晴れ☀︎のち曇り☁︎
涸沢〜5・6のコル9:00〜前穂北尾根〜前穂高岳13:00〜吊尾根〜奥穂高岳16:00〜穂高岳山荘〜涸沢

本当は前穂東壁の予定でしたが、天気予報もイマイチ(午後から雨の予報)だし、
昨日、涸沢にたどり着くまでにヘロヘロになってしまったため、
予定を変更し、前穂北尾根にしました。

ゆっくり、朝ごはん。
きのこが入っていないか、注意が必要です!
a0286351_22535913.jpg


5・6のコルに向かう途中、サルの群れに会いました。
これは親子。
a0286351_2255357.jpg


前日の疲れのせいか、5・6のコルまでが遠いような・・・?
風が少しあって、ちょっと寒かったです。
コルからは、富士山も見える。奥又白池にはテントがひとつ。
a0286351_233537.jpg

a0286351_2335695.jpg

a0286351_236012.jpg


それにしても、いい天気。本当に雨になるのかね〜?やっぱり東壁行けばよかった!なんて言いながら気持ち良く登りました。
a0286351_2373896.jpg


a0286351_2395923.jpg


a0286351_23113132.jpg


a0286351_23124011.jpg


ここで順番待ちのため、大休止。師匠と私は昼寝。
a0286351_23162865.jpg


やっぱり風がちょっとあって日陰だと寒い。けど、日向だとちょっと暑い。
a0286351_23173038.jpg

けれども、景色もいいし、よく寝られました。

ちょっと前まで晴れてたのに、頂上着いたら、こんなかんじ。
でも、初前穂、楽しかったです!
a0286351_23192134.jpg


雨が降らないうちに、さっさと帰りましょう。

吊尾根を頑張って歩いて、歩いて、やっと奥穂。
a0286351_2323251.jpg


2年前のGWにここで記念撮影したな〜。
師匠と会計のお姉さんに山で拾われて、騙されて入会してから1年もたってないような気がするけど、結構経つんですね。
きょうなんて、師匠に、おばさんになったねと言われちゃったし。

穂高岳山荘が見えた!
a0286351_23302773.jpg


前日に引き続き、この日もヘロヘロになって、涸沢に帰ってきました。
その分、ビールはおいしかったです!
a0286351_23315791.jpg



★5日目(8月15日)曇り☁︎のち雨
涸沢〜上高地〜帰京

5日目は、ジャンダルムに行く予定でしたが、雨予報のため、下山しました。
いつも通り、徳沢でソフトクリームを食べて・・・。

そして温泉に入って、帰りました。
お疲れさまでした〜

2016.8.10-15
[PR]
# by shigakukai | 2016-09-22 23:37 | 夏の山 [Summer] | Comments(0)

【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 その3(第四尾根)

【夏合宿】その1(滝谷・ドーム中央稜)
【夏合宿】その2(滝谷・クラック尾根)のつづき。

合宿4日目は、第四尾根です。

★4日目(8月13日) 晴れ☀︎のち曇り☁︎
南稜テン場〜北穂小屋〜7:10C沢8:30〜第四尾根〜南稜テン場〜涸沢

いい天気。
a0286351_13482458.jpg


あの沢が降りてきたC沢。やっぱり昨年より怖くありませんでした。
けれど、途中で上から落石がどっかん!どっかん!と落ちてきた時はびっくりしました。
生きてて良かった!
あんなに大きな石でも山に当たったら跳ね返るんですね〜、石も山も、硬い。
a0286351_13513861.jpg


どんなに恐ろしいピッチでもどんどん行ってくれるHさん。
a0286351_1412116.jpg


前を行くTさんと師匠もどんどん行っちゃう。
a0286351_144235.jpg


どうやって登れるんですか!登れなーい!といつもどおりギャーギャー言いながら登っていると
上から「ビール何本?」と師匠の声が。
登ったらビールあげるから頑張れってことかな?と思って、「いりませーん!」と答えながらちょっと岩から頭を出すと
師匠がお助けロープを差し出してくれていました。「もらえると思ってるのか!」
どうやら、ビールをくれるならお助けロープを出してあげるってことだったみたい。
おかしくなって余計に力が入らなくなってしまいました。

うしろを登っていたシェフ、Wさん、それからきのこ料理が得意なHさん。
お疲れさまでした〜
a0286351_1464058.jpg


登るのに必死で写真はあんまり撮れませんでした。

テントに戻ったら、ライチョウの親子がいました。
a0286351_15233869.jpg


涸沢までの帰り道にはオコジョも。
a0286351_152587.jpg


お疲れさまでした〜

続く。【夏合宿】その4(前穂北尾根)

2016.08.10-15
[PR]
# by shigakukai | 2016-09-20 15:26 | 夏の山 [Summer] | Comments(0)

【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 その2(クラック尾根)

【夏合宿】その1(滝谷 ドーム中央稜)の続き。
合宿3日目はクラック尾根です。

★3日目(8月12日) 晴れ☀︎
南稜テン場〜北穂〜B沢入口7:45〜B沢〜クラック尾根〜北穂〜南稜テン場

3日目もいい天気で、富士山まで見えました!
a0286351_13433540.jpg



B沢入口。書いてあるのでわかりやすい。
a0286351_13533911.jpg


B沢はC沢より怖いと聞いていたので、いやだいやだと思いながら降りたのですが、そんなでもなかった!
C沢の方が怖いじゃないですか!!と師匠に言うと、慣れたんだよ〜と。
1回行っただけで慣れるもんか!と思っていたのですが、4日目に下ったC沢もあれ?という感じで、昨年よりも怖くなかった。私も成長しているみたい、よかった!
a0286351_1359145.jpg


クラック尾根の取り付きにはフィックスロープがあります。
来る直前に、クラック尾根の取り付きはまわりこんで云々というガイドブックを読んできたので、
ここよりいい取り付きがあるんだろうな〜とフィックスロープを通り過ぎ、さらに下ってしまいました。
下っても下っても、回りこむところは出てこず、フィックスロープのところまで戻りました。

トップは行きたくないと言っていたのに、登り始めるとどんどん言ってくれる頼りになるシェフ。
a0286351_1494285.jpg


前を行くTさん、Hさん、Wさん。
その左側に見えるのが、下ってきたB沢。こう見るとすごいなあ・・・
a0286351_14155346.jpg




じゃんけんクラック。
師匠によると、面白いピッチなので誰がトップでいくかじゃんけんで決めたためじゃんけんクラックというらしい。
a0286351_1421398.jpg


a0286351_14261439.jpg


a0286351_14274983.jpg


暗くなる前に上がってこれました。
夕日がきれいでした。

a0286351_14313794.jpg


a0286351_14343512.jpg


続く。【夏合宿】その3(滝谷・第四尾根)
【夏合宿】その4(前穂北尾根)




2016.8.10-15
[PR]
# by shigakukai | 2016-09-19 14:35 | 夏の山 [Summer] | Comments(0)

【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 その1(ドーム中央稜)

2016年の夏合宿は、滝谷。
昨年の夏から、来年も滝谷、滝谷と言い続けてきたかいがありました。


★1日目(8月10日) 
上高地〜涸沢  晴れ☀︎

初日は上高地から涸沢まで。
電車組と車組ではつく時間が違ったので、別々に上高地を出発しました。
私は夜行バスで朝5時くらいに上高地着。電車組が8時50分に着くまで、ウェストン碑まで散歩に行ってきました。
これが、140万年前の花崗岩・・・、ちょっと感動。

a0286351_2083184.jpg


すごくいい天気。

a0286351_2095132.jpg


徳沢で恒例のソフトクリーム休憩。いつ食べても美味しい。
昨年の滝谷のときも食べました。

a0286351_2011019.jpg


天気が良くて緑がきれい。でもその分、暑くて、ザックがおも〜く感じます。

a0286351_20145798.jpg


今日はジンギスカン。
涸沢まで頑張って歩いたかいがありました!おいしかったです!
Tさん、ごちそうさまでした!

隣にはどこかの高校の山岳部の団体さんがいました。
顧問は地学?の先生なのかなあ? 
穂高はどうやってできた山か知ってるか?と、槍・穂火山の話を熱く語っていました。
ひとり熱心に耳を傾けている生徒さんがいました。先生、よかったね!
うちの会にもそういう話を熱心に聞いてくれる人がいたらいいのに、あ〜あ!


1日目のビールくらい担いで行こうと4本持って行ったのですが、
Hさんは6本・・・、ビール持ちの座を奪われそうなので、こっそりボッカ訓練をしようと誓いました。



★2日目(8月11日 山の日!) 
涸沢〜北穂〜ドーム中央稜〜南稜テン場 晴れ☀︎

いや〜2日目もすっっっごくいい天気!
晴れ女が北海道から来てますからね〜!いい天気なのは当たり前!

a0286351_2031457.jpg


北穂へ向かう途中、サルの群れに出会いました。お食事中に失礼!
朝ごはんですかね?美味しいのかなあ。

a0286351_203366.jpg


北穂の小屋で水を補給してからドーム中央稜に向かいます。
槍ヶ岳、かっこいい〜。南岳の縞模様もすてき。

a0286351_20363845.jpg


もちろん、笠ヶ岳の縞模様もすてきですよ〜
せっかくなので笠ヶ岳の縞模様と記念撮影。

a0286351_20415857.jpg

a0286351_20454050.jpg


懸垂下降したら、取り付きまでもう少しです。

a0286351_20492379.jpg


ドーム中央稜、1ピッチ目。
さいご、チョックストーンをくぐって挟まってもがいて登るか、外側から行くか・・・
私は挟まる方が安心感があっていいのですが、大きい人はつっかえてしまって挟まるのは無理なようです。

a0286351_2051533.jpg


2ピッチ目を登る志岳会のシェフ。
2ピッチ目は、結構怖い。

a0286351_20551711.jpg


Tさん、Wさん、師匠たちのパーティー。

a0286351_2059178.jpg


3ピッチ目は、普通に歩いて行けましした。

4ピッチ目、さいごのチョックストーンのところがちょっと大変ですが、2ピッチ目よりは怖くない・・・?
Tさんは何でもなさそうに、登っていました。

a0286351_213659.jpg


5ピッチ目、写真はなし。
右のほうに曲がったほうが簡単だったような・・・?

登りきって、みんなで記念撮影。
カメラマンの私は一緒に写れず、残念でした。

a0286351_2155582.jpg



続く。
【夏合宿】その2(クラック尾根)
【夏合宿】その3(第四尾根)
【夏合宿】その4(前穂北尾根)


2016.8.10-15

昨年の滝谷の様子はこちら↓
その1(第3尾根)
その2(ドーム中央稜)
おまけ(高山植物)
[PR]
# by shigakukai | 2016-09-17 21:15 | 夏の山 [Summer] | Comments(0)

鷹ノ巣Ⅽ沢 (谷川連峰)

谷川本谷から分かれて爼嵓(まないたぐら)に突き上げる、鷹ノ巣Ⅽ沢。
明るくて気持ちイイ沢です。
a0286351_23114878.jpg

a0286351_23121316.jpg

a0286351_2313178.jpg

ず~っとこんな感じ。
a0286351_23123986.jpg

爼嵓の稜線はやせていて、稜線手前の藪こぎは急峻です。
遡行適期は10月中~下旬まで。

(たかのすシーさわ・昔)
[PR]
# by shigakukai | 2016-09-11 10:30 | 夏の山 [Summer] | Comments(0)

トリグラフ山の花 【付録】

トリグラフ山(スロベニア)で見かけた花をあとからネットで調べてみたら、大体わかりました。
a0286351_3232687.jpg



ドロニクム・クルシイ(キク科ドロニクム属)
a0286351_323544.jpg


レウカンテモプシス・アルピナ(キク科)
a0286351_3242412.jpg


ヘラクレウム・スフォンディリウム(セリ科 ハナウド属)
a0286351_325646.jpg


プルサティラ・アルピナ(キンポウゲ科)
a0286351_3253596.jpg

a0286351_3255181.jpg


グロブラリア・コルディフォリア(グロブラリア科)
a0286351_329291.jpg


ポテンティラ・アウレア(バラ科)
a0286351_3292972.jpg


ミオソティス・アルペストリス(ムラサキ科)
a0286351_3301499.jpg


・・・ダメだこりゃ。ややこしくて、ひとつも覚えらんないワ。w


これは何の花かわかりませんでした。
a0286351_332981.jpg


一度どや顔で言ってみたい。

「ん?この花?・・・ヘラクレウム・スフォンディリウムだョ(微笑)」  ←無理

a0286351_3323552.jpg



おしまい
[PR]
# by shigakukai | 2016-08-12 11:19 | 夏の山 [Summer] | Comments(2)

ブダペストぶらぶら

ハンガリーのブダペストに住んでいる、志岳会古参会員Hさんのところに遊びに行った記録の続き。

スロベニアのトリグラフ山から、車でブダペストに戻ってきました。

まずは"ルカーチ温泉"という街中の温泉でだらだら療養。ブダペストの街には、このような温泉がたくさんありました。
a0286351_22583947.jpg

ドナウ川と観光名所”くさり橋”。Red Bullのエアレースをやってました。
競技の飛行機が次々と橋をくぐってます。すげ~
a0286351_22591556.jpg

ドナウ川を挟んで、西側(写真手前)が「ブダ」の街、東側(写真奥)が「ペスト」の街。
だから合わせて「ブダペスト」。ホントです。

イシュトヴァ―ン大聖堂の上から。
a0286351_22595342.jpg

レンタルのセグウェイで街見物する観光客。
a0286351_2302976.jpg

名物料理“グヤーシュ”。
牛肉と野菜をパプリカで煮込んだ、ボルシチみたいなスープです。美味。
a0286351_2305364.jpg

a0286351_2313863.jpg

a0286351_2321970.jpg

a0286351_2325196.jpg

今夜は、希少種マンガリッツァ豚&ハンガリアンラタトゥーユでロゼワインを滝飲み。
a0286351_2335435.jpg

なんつーウマさだこりゃ。アタマに鳴り響くハンガリー舞曲 第5番 (ブラームス) ♪♪♪

ラズベリー・ミルフィーユ。ラズベリーも今が旬。
a0286351_2344224.jpg

いや~、まいったまいった。激太り。

夜のイシュトヴァ―ン大聖堂
a0286351_2351633.jpg

ドナウ川と国会議事堂
a0286351_2355398.jpg

a0286351_2362682.jpg



【おまけ】帰りに経由で寄ったトルコのイスタンブール。山登ってる間にクーデター未遂事件が起きていて、街は国威発揚の国旗であふれていました。

ボスポラス海峡 (Bosphorus Strait)
a0286351_237276.jpg

釣り竿にも国旗。
a0286351_238391.jpg

子どもにも国旗。
a0286351_23105639.jpg

エジプシャン・バザール界隈
a0286351_23102280.jpg

シルケシの船着き場
a0286351_23121341.jpg


半月前には、イスタンブール空港で爆弾テロがあったばかり。

でもヘルメットがあるから大丈夫。 (んなワケねーだろ)
a0286351_4143282.jpg


おしまい
[PR]
# by shigakukai | 2016-08-09 11:56 | 夏の山 [Summer] | Comments(0)

トリグラフ山 ③下山編 (スロベニア)

朝7時。日が長くて夜が遅いせいか、登山者のスタートはのんびりしています。
a0286351_144469.jpg

麓から羊飼いが羊を連れて上がって来ました。
a0286351_155584.jpg

a0286351_162175.jpg

頂上稜線に、登っている人が見えます。
a0286351_164750.jpg

朝の食堂。
a0286351_172658.jpg

トリグラフスキー小屋。気象観測の測候所も併設されており、通年営業だそうです。
a0286351_183587.jpg

少し下ったところから見た小トリグラフ。
a0286351_1101029.jpg

取付いている人が見えます。
a0286351_1112744.jpg

これから下るクルマ(Krma)の谷。この谷を往復するのが、トリグラフ登山の一番やさしいルートです。但し、北壁は全く見えません。
a0286351_1124465.jpg

a0286351_1133243.jpg

a0286351_1142572.jpg

a0286351_115224.jpg

a0286351_1152885.jpg

ここらへんの側壁にもたくさんルートがあるとか。
a0286351_1155213.jpg

ムーミン谷のような、クルマの谷。
a0286351_1162071.jpg

終了。ガイドのミトヤさんの奥さんが車を廻して待っててくれました。
a0286351_1165375.jpg

下山後ミトヤさんと別れ、車でブレッド湖へ。正面左がトリグラフ山。
a0286351_1172455.jpg

まずは下山祝。
a0286351_118979.jpg

湖の小島に見える教会は、聖母被昇天教会(聖マリア教会)。
a0286351_1183817.jpg

湖畔を散歩した後、夕食はイタ飯。
a0286351_1195521.jpg

スカンピ(アカザエビ)。こりゃたまらん。
a0286351_1204551.jpg

ここからはアドリア海が近く、山を越えればイタリアのベネチアもすぐです。

猛烈にウマい豚肉。
a0286351_121303.jpg

シメはあっさり野菜リゾット。これまたシビれます。
a0286351_1224170.jpg

いきなり夕立
a0286351_1233360.jpg

翌朝のブレッド城。遠くの左、アタマだけちょこっと出てる白い山がトリグラフ。
a0286351_1241453.jpg

ブレッド湖より愛をこめて。
a0286351_1251853.jpg


おしまい



[PR]
# by shigakukai | 2016-07-31 10:02 | 夏の山 [Summer] | Comments(0)


東京志岳会の山行写真集


by shigakukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

春の山 [Spring]
夏の山 [Summer]
秋の山 [Autumn]
冬の山 [Winter]
いろいろ
東南アジアの山

最新の記事

城ヶ尾峠から菰釣山(道志)
at 2017-11-18 10:38
三条沢狼谷から狼平
at 2017-10-29 10:30
赤岩岳(奥秩父)
at 2017-10-11 08:00
片品川小淵沢(尾瀬)
at 2017-10-04 11:00
剱岳・早月尾根往復
at 2017-09-14 18:00
納涼 葛野川小金沢本谷
at 2017-09-02 10:25
阿武隈川南沢
at 2017-08-11 20:00
節刀ヶ岳・鬼ヶ岳(からみる富..
at 2016-12-11 12:41
武甲山
at 2016-12-10 16:51
空沼岳 ハイキング
at 2016-10-19 20:26
越後山脈 荒沢岳
at 2016-10-15 19:23
クラビ 観光クライミング (..
at 2016-10-10 11:25
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-22 23:37
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-20 15:26
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-19 14:35
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-17 21:15
鷹ノ巣Ⅽ沢 (谷川連峰)
at 2016-09-11 10:30
トリグラフ山の花 【付録】
at 2016-08-12 11:19
ブダペストぶらぶら
at 2016-08-09 11:56
トリグラフ山 ③下山編 (ス..
at 2016-07-31 10:02

外部リンク

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧