<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

滝子山

年の瀬にトレーニングがてら滝子山へ。

お、見えてきた見えてきた。
a0286351_1483676.jpg

ちょっと気になる、金色の靴を履いた朝帰り爆睡少女。w

笹子駅スタート。
a0286351_1491466.jpg

あー寒っ。正面右の寂ショウ尾根を登ります。
a0286351_1495784.jpg

冬枯れの尾根は、西から冷たい風がゴーゴー。
a0286351_1503313.jpg

途中、猫のようにしなやかな足運びのお婆ちゃん(ソロ)にブチ抜かれました。
た、只者ではない・・・www

はい、頂上。
a0286351_1511578.jpg

頂上からの富士山。手前の頂上にアンテナが立ってる山は三つ峠。
真ん前(一番手前)の尾根は、鶴ヶ鳥屋山~清八山の尾根。
a0286351_151467.jpg

檜平
a0286351_1522215.jpg

年賀状書かなきゃな~  (←山行くヒマあったらさっさと書け)
a0286351_153458.jpg

初狩駅から見た滝子山。
a0286351_1535498.jpg


笹子8:00 -頂上12:30-初狩16:45

(たきごやま)
[PR]
by shigakukai | 2014-12-28 11:46 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)

【空撮】アラビア半島の山

ひょんな用事で中東のカタールからアフリカのウガンダ行きの飛行機に乗ったら、アラビア半島が丸見え。大ラッキー。

飛行機に乗るタラップで、不審な黄色人種を凝視する少女。・・・そんなに見ないでくれー ww
a0286351_1905487.jpg

ドーハを離陸後、バーレーンを避けるように回り込んで、サウジアラビア東部最大の都市ダンマームからアラビア半島に侵入。
a0286351_1913417.jpg

ダンマームの街は、整然としてます。
a0286351_192825.jpg

そこからはず~~っと砂漠。
でもところどころに遊牧民らしき人の住居が見えます(驚)。 人生いろいろ。
a0286351_1925454.jpg

機内食はアラブ諸国でポピュラーなフール・メダメス(foul medames)という豆料理。かなりマズそうな色合いですが、実はとても美味。
a0286351_193441.jpg

食事しながら外をきょろきょろ見ていると、砂漠の中にいきなりサウジアラビアの首都リヤド出現。このシコーキ、こんな方角に進んでたワケ。(驚)
a0286351_1951265.jpg

しかしこの街、水どうしてんだろ・・・。

リヤドを通り過ぎると山っぽいものは見えてきたものの、「山」というよりは浸食で残った地面の「皺(シワ)」。
a0286351_1955458.jpg

おっ、ちっちゃな岩塔発見! ・・・アプローチ不能。w
a0286351_1963340.jpg

こんな地形が延々、茫々と続きます。

イエメンに入ると、山が出てきました。
a0286351_1981186.jpg

この山なんかかなり立派で、標高3,000m以上ありそうな感じ。
a0286351_1984583.jpg

でも、麓から頂上まで全部カッサカサ。しかも、相当上の方まで人家が見えます。

ちなみにアラビア半島最高峰は、イエメンの首都サヌアの近くにあるナビー・シュアイブ山(標高約3,600m)という山らしいです。

山岳地帯を抜けると、紅海が見えてきました。すげー♪♪♪
こちらがアラビア半島、向こうがアフリカ大陸のエリトリアという国。
a0286351_1910194.jpg

画面右方向(北)、紅海を北上するとどん詰まりがスエズ運河。
画面左方向(南)に行くと、ソマリアの海賊で有名なアデン湾。
紅海が一番狭くなってるあたりを横切って、ジブチ共和国からアフリカ大陸に入ります。

うおっぷ、ジブチのアッサル湖(Lake Assal)!
ここは海抜マイナス153 mにある塩湖で、ここの湖水の塩濃度は地球上で最も高いそうです。
ちなみに普通の海水は3.5%くらい、アッサル湖は35%だとか。
a0286351_19120100.jpg

少し行くと、エチオピアとジブチの国境にあるアッベ湖(Lake Abbe)。
湖の左上のクレーターのように見えるのは、ダーマ・アリ山(Mt. Dama Ali)という標高1,069mの火山。荒涼とした特異な風景らしく、昔の映画「猿の惑星」はここで撮ったとか。
a0286351_1912796.jpg

エチオピアを抜けてケニアをかすめて、ウガンダ到着~。
首都カンパラの中心部上空を通過してエンテべ空港に着陸。
a0286351_1913243.jpg

カンパラ市街のヤギ焼き屋。絶品。
a0286351_1914591.jpg

結論:アラビア半島に面白そうな山は見あたりませんでした。 www

おしまい
[PR]
by shigakukai | 2014-12-21 19:58 | いろいろ | Comments(0)

剣岳・三ノ窓定着合宿  [Photo Gallery]

室堂から入山し、剣岳頂上から主稜線を三ノ窓へ。

先に入山していた仲間が、剣の頂上まで迎えにきてくれた。
a0286351_063736.jpg

小窓王南壁と、“峠のわが家”。
a0286351_072758.jpg

a0286351_081468.jpg

a0286351_083450.jpg

***
わたしたちをよろこびで満たし、晴れ晴れとした気分にしてくれるのは、頂きが近づいているからでもなく、登攀それ自身でもない。そうではなく、わたしたちの筋肉と頭脳とが、それを果たすためにつくられ、仕込まれてきた義務を遂行しているからだ。
わたしたちはいまや、自分にふさわしい場所にいるのだ。
(ガストン・レビュファ)
***
a0286351_0104366.jpg

池ノ谷(いけのたん)ガリー
a0286351_011464.jpg

a0286351_0121624.jpg

a0286351_013411.jpg

a0286351_013294.jpg

チンネ左稜線
a0286351_23524893.jpg

a0286351_0204517.jpg

a0286351_014748.jpg

***
僕達の考え、行動、計画には、何か同時性が感じられた。相手がしてほしいことをやってやり、相手の精神状態を知るには、互いにちらっと視線を合わせれば十分だった。
(ラインホルト・メスナー)
***

池ノ谷
a0286351_015451.jpg

霧が上がってきた、夕暮れの小窓王南壁
a0286351_0153326.jpg

下山。背負子(しょいこ)に特大キスリング&KAJITAXのピッケルを横刺し。
男の中の男。w
a0286351_0161220.jpg

先に下りた仲間が善意で置いていった食料や酒を消費しきれず、下山にして膨大な荷物。www

a0286351_0164733.jpg

***
登山は私を男にした。美徳と欠点を備えた完全な男にした。
そうなるには、登山を経なければならなかった。
(ワルテル・ボナッティ)
***


(1989年8月・22歳)
[PR]
by shigakukai | 2014-12-08 11:29 | 夏の山 [Summer] | Comments(0)


東京志岳会の山行写真集


by shigakukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

春の山 [Spring]
夏の山 [Summer]
秋の山 [Autumn]
冬の山 [Winter]
いろいろ
東南アジアの山

最新の記事

剱岳・早月尾根往復
at 2017-09-14 18:00
納涼 葛野川小金沢本谷
at 2017-09-02 10:25
阿武隈川南沢
at 2017-08-11 20:00
節刀ヶ岳・鬼ヶ岳(からみる富..
at 2016-12-11 12:41
武甲山
at 2016-12-10 16:51
空沼岳 ハイキング
at 2016-10-19 20:26
越後山脈 荒沢岳
at 2016-10-15 19:23
クラビ 観光クライミング (..
at 2016-10-10 11:25
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-22 23:37
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-20 15:26
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-19 14:35
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-17 21:15
鷹ノ巣Ⅽ沢 (谷川連峰)
at 2016-09-11 10:30
トリグラフ山の花 【付録】
at 2016-08-12 11:19
ブダペストぶらぶら
at 2016-08-09 11:56
トリグラフ山 ③下山編 (ス..
at 2016-07-31 10:02
トリグラフ山 ②登頂編 (ス..
at 2016-07-29 11:45
トリグラフ山 ①入山編 (ス..
at 2016-07-27 11:40
丹沢山塊 畦ヶ丸山
at 2016-07-26 00:02
富士山(須走)
at 2016-07-20 23:52

外部リンク

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧