<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

7月の赤谷川本谷 〈ガイド〉

谷川岳周辺の沢の中で、別格の趣があるのが赤谷川本谷。

赤谷川本谷は、起承転結が明瞭な「4部作」になっています。
1.下部連瀑(マワット下ノセン~マワットノセン)
2.巨岩地帯~裏越ノセン
3.ドウドウセンの高巻き
4.源流域

早い時期(7月中)は、スノーブリッジの状態次第で、難易度にかなり差が出ます。

入渓点付近
a0286351_15111468.jpg



1.下部連瀑
■マワット下ノセン
左から簡単に巻けますが、ゴルジュから取付いて登れるので、登らないともったいないです。前半がⅢ+、上部はⅢくらいの感じ。かなり高度感があります。
a0286351_337828.jpg

a0286351_3372885.jpg

■マワットノセン
マワットノセン手前のスノーブリッジ。 猛ダッシュ。
a0286351_339152.jpg

スノーブリッジの下から見たマワットノセン。滝の右を登る人もいるようですが難しそうなので、左を巻くのが順当です。水量次第。
a0286351_340241.jpg

マワットノセン横にあった、崩壊したてのスノーブリッジ。
a0286351_3411274.jpg

マワットノセンの上から振り返って見たスノーブリッジ。
a0286351_3454637.jpg


2.巨岩地帯~裏越ノセン
迷路のような巨岩地帯。
a0286351_15563889.jpg

困難な個所はありませんが、消耗します。
a0286351_3493475.jpg

巨岩地帯上部。ようやく先が開けてきました。
a0286351_2421428.jpg

巨岩地帯を抜けると、裏越ノセンが見えてきます。
a0286351_35149.jpg

裏越ノセンの手前から振り返ると、こんな感じ。
a0286351_323438.jpg

この年は、横のルンゼのスノーブリッジがひどい状態で崩壊していて、、、、
a0286351_351172.jpg

側壁と崩壊した雪渓の間を登りました。
a0286351_3543789.jpg

a0286351_15571478.jpg

a0286351_1455435.jpg

普段はこんな感じ。雪渓から直上してコルを越えます。
a0286351_356584.jpg

せっかくなので、滝の裏を越えておきましょう。今は滝壺が埋まっていて難なく渡渉できますが、昔は淵が深かったため、こうやって越えていくしか方法がなかったとか。
a0286351_3583482.jpg


3.ドウドウセンの高巻き
裏越ノセンを越えた先で、左から流れ込んでいる日向窪に入ります。(画面には写っていませんが、左奥に窪の出合があります)
本谷をそのまま画面右奥に進むとすぐドウドウセン。
a0286351_3261719.jpg

日向窪
a0286351_404555.jpg

日向窪にスノーブリッジが残っていると、どこから高巻きに取付くべきか迷います。
高巻きのポイントは、①取付き点を探して日向窪を上がり過ぎないこと、②取付いたら地形通りに一直線に上がること。正しいルートはどこだろうと迷いながら登るより、ガーっと登ってリッジに出てから位置を修正した方が確実で早いと思います。

高巻きで越えるリッジから広河原に下る下降点は、ここの一か所だけです。
a0286351_42346.jpg

ちょっとズレたところに上がってしまったら、リッジ上をうろうろしてこの角度で谷が見えるポイントを見つけましょう。画面左が上流、右下に見えるのがドウドウセンの落ち口。

高巻き中は全て急斜面で安全地帯はありませんので、途中で日が暮れると困ったことになります。パーティの人数や体力にもよりますが、真夏でも日向窪で既に16時半(あくまで目安として)を過ぎていたら、その日はそこで切るか、あるいは気合入れてその日のうちに越えるか、どちらか慎重に判断した方が良いです。

広河原。広々とした素晴らしいテン場です。
a0286351_455837.jpg


4.源流域
朝一で越える滝。左から小さく巻きます。ここは側壁が立ってるので、ロープで確保が必要。
a0286351_464585.jpg

途中の小ゴルジュ
a0286351_492926.jpg

穏やかな源流地帯に抜けました。
a0286351_15585452.jpg

a0286351_411589.jpg

本流を忠実に辿っていくと、オジカ沢の頭の手前に出ます。
左の谷が登ってきた赤谷川。正面は万太郎山と国境稜線。
a0286351_411551.jpg

下山は、①万太郎山を越えて毛渡沢乗越(けどさわのっこし)から赤谷川の入渓点近くに下りるか、②谷川岳を越えて土合に下りるか、どちらか。

①はこんな感じ(万太郎山から毛渡沢乗越への下り)。
a0286351_412958.jpg

毛渡沢乗越からの下り途中で、赤谷川本谷の前半が見えます。
a0286351_2441025.jpg

渓が裏返しのS字カーブを描いてますが、下のカーブに見えているのが、マワット下ノセンの落ち口と、その先の雪渓。上のカーブが巨岩地帯。

②はこんな感じ(オジカ沢の頭から谷川岳への稜線)。後ろの山は俎嵓(まないたぐら)。
a0286351_4125063.jpg

正面の稜線の向こう側(日影の方)が赤谷川の谷。手前側(画面左)はオジカ沢の源頭が見えています。

オジカ沢の頭と谷川岳の間にある中ゴー尾根は廃道に近く、また谷川温泉に下りる沢沿いの道はヒルが出るので、真夏の間は下山路として考慮に入れない方が良いです。ヒルは野猿の移動に伴って拡散しており、麓の水上周辺の畑でも由々しい問題になっているとか。(←温泉で一緒になった地元の農家の方の話)

(あかやがわほんたに)
[PR]
by shigakukai | 2014-06-27 04:40 | 夏の山 [Summer] | Comments(0)

勘七沢 (表丹沢)

近くて良い沢、勘七。
短い沢ですが、沢登りの面白さが凝縮されています。
a0286351_3135395.jpg

a0286351_3403168.jpg

a0286351_3143386.jpg

大倉尾根の花立に抜けます。

(かんしちざわ)
[PR]
by shigakukai | 2014-06-21 11:00 | 夏の山 [Summer] | Comments(0)

遥かな尾瀬~♪ (6月)

美しい梅雨時の尾瀬へ。

至仏山
a0286351_1172444.jpg

a0286351_1182436.jpg

燧ケ岳
a0286351_1192826.jpg

ワタスゲ
a0286351_125214.jpg

a0286351_12644.jpg

日陰の残雪が解けたばかりのところには、出遅れた水芭蕉が咲いています。(白砂田代)
a0286351_127893.jpg

尾瀬沼と燧ケ岳
a0286351_1292829.jpg

三平峠道にて。午後から小雨が降り出しました。
a0286351_1395712.jpg

コース:鳩待峠-山の鼻―見晴-尾瀬沼―三平峠―大清水

(6月下旬)
[PR]
by shigakukai | 2014-06-16 11:35 | 夏の山 [Summer] | Comments(0)

八ヶ岳・阿弥陀岳頂上  [Photo Gallery]

a0286351_3203850.jpg

***
山自体は岩石の積み重なりに過ぎず、クライミングというものは人間を考えに入れてはじめて意味を持つ。クライマーにとって山の頂きは物質的なものではなく、精神的なものだ。
山は手段で、人間が目的だ。
つまり人間が向上するためであって、山の頂上に達するためではないという考えだ。
(ワルテル・ボナッティ)
***

[1990年3月]
[PR]
by shigakukai | 2014-06-14 02:56 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)

蓬峠 (谷川連峰)

梅雨入り前に、遅い春を愛でに蓬峠へ。
土合に車をデポし、新潟側の土樽までひと駅上越線で移動し、蓬峠を越えて土合に戻ってきます。

まずは土合駅下りホームへ。階段462段、尋常ではありません。
旧国鉄、恐るべし。笑
a0286351_342666.jpg

国境の長いトンネルをぬけて「雪國」へ行くための運賃は、240円(土合→土樽)。
所要時間たったの9分。スゴいお得感です。

蓬峠道
a0286351_344479.jpg

a0286351_355959.jpg

つつじが花盛り
a0286351_221420.jpg

上部の登山道は、雪渓で途切れ途切れ。
a0286351_352794.jpg

登ってきた蓬沢の谷。
a0286351_354942.jpg

峠の蓬ヒュッテ到着。(画面左が群馬側、右が新潟側)
a0286351_36633.jpg

峠の少し手前にある水場にカラのポリ容器が大量に置いてあったので、これは「元気な人は汲んで上がってきてくれ~」という山小屋の意思表示かなと思って、水を汲んで持てるだけ持って上がったら、小屋のご主人に喜ばれました。

これから下る群馬側の谷(湯檜曽川)。
a0286351_36519.jpg

朝日岳(正面奥)から笠ヶ岳(右端のきれいな三角形をしたピーク)の稜線。正面の雪が詰まった谷は、湯檜曽川大倉沢。
a0286351_365929.jpg

群馬側は新潟側よりも残雪が多く、雪渓の幅も広いです。
a0286351_371782.jpg

場所によって、雪渓を横切った先の次の山道の取付き点がわかりにくいことがあるので(思ったより遥かに下だったり)、濃霧の時などは気を付けましょう。

a0286351_4172674.jpg

武能沢付近。夏空に新緑が映える、素晴らしい季節です。
a0286351_381724.jpg

湯檜曽川
a0286351_382474.jpg

a0286351_225044.jpg

今日は久々に古い重登山靴で歩いてみました。
a0286351_384869.jpg

ニッピン・メスナー登山靴。

(よもぎとうげ・6月初旬)
[PR]
by shigakukai | 2014-06-03 10:00 | 春の山 [Spring] | Comments(0)


東京志岳会の山行写真集


by shigakukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

春の山 [Spring]
夏の山 [Summer]
秋の山 [Autumn]
冬の山 [Winter]
いろいろ
東南アジアの山

最新の記事

剱岳・早月尾根往復
at 2017-09-14 18:00
納涼 葛野川小金沢本谷
at 2017-09-02 10:25
阿武隈川南沢
at 2017-08-11 20:00
節刀ヶ岳・鬼ヶ岳(からみる富..
at 2016-12-11 12:41
武甲山
at 2016-12-10 16:51
空沼岳 ハイキング
at 2016-10-19 20:26
越後山脈 荒沢岳
at 2016-10-15 19:23
クラビ 観光クライミング (..
at 2016-10-10 11:25
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-22 23:37
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-20 15:26
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-19 14:35
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-17 21:15
鷹ノ巣Ⅽ沢 (谷川連峰)
at 2016-09-11 10:30
トリグラフ山の花 【付録】
at 2016-08-12 11:19
ブダペストぶらぶら
at 2016-08-09 11:56
トリグラフ山 ③下山編 (ス..
at 2016-07-31 10:02
トリグラフ山 ②登頂編 (ス..
at 2016-07-29 11:45
トリグラフ山 ①入山編 (ス..
at 2016-07-27 11:40
丹沢山塊 畦ヶ丸山
at 2016-07-26 00:02
富士山(須走)
at 2016-07-20 23:52

外部リンク

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧