<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『白い恋人』を食べて利尻(仙法志稜・南稜)へ行こう ♪

銘菓『白い恋人』のパッケージには、鬼脇方面から撮った利尻の写真が使われています。
積雪期の仙法志稜・南稜の概念がよくわかる、素晴らしい写真です。
a0286351_1559244.jpg

①仙法志稜
②マオヤニキレット
③仙法志ロウソク岩
④P2っぽく見えますがP2ではないと思います。P2は⑤の真後ろに隠れています。
⑤大槍
⑥南稜
⑦P1
⑧バットレス
⑨東稜
⑩ヤムナイ沢大滝

*石屋製菓HPより*
「白い恋人のパッケージに描かれている山が、実は北海道の秀峰「利尻山」ということをご存知ですか?当時の社長が利尻を訪れた時、まるでスイスの山並みのようだと感激し、
ヨーロッパ風のお菓子を目指していたことから、その美しい山容をパッケージに描いたそうです。」
a0286351_1605914.jpg

・・・ん?本当か?? なんか理由が「後付け」っぽいけど。
実は社長、スーパークライマーだったのではないか?! w


【おまけ】東京志岳会3人組 バットレス敗退の軌跡

当時我々は『白い恋人』にすべての解答が載っていることを知らなかった。
あの時『白い恋人』さえ食べていれば・・・ www
a0286351_1625585.jpg

A:最初の滑落地点
マオヤニキレットからの懸垂下降でスノーボラートが抜け、1名が約90m滑落。仰向けで頭を下にして真っ逆さまに堕ちていったが、深雪にもぐって止まり奇跡的に無傷。

B:敗退点
吹雪の中、頂上バットレスが登れず敗退を決意。(凍傷&墜落)

C:エスケープ失敗
バットレスのコルからヤムナイ沢側に懸垂下降し、脱出を試みた。3ピッチ下降し垂壁の上に出たが、そこから先はロープが下に届くかホワイトアウトと強風(ロープを投げても強風に吹き上げられて壁にひっかかってしまい、真下におろせなかった)で確認できず、むやみに下りると宙釣りになる危険性大だったため、諦めてコルに戻ることを決意。
登り返し中に日没。再度P1にビバーク。

D:進退窮まってヤムナイ沢に懸垂下降
・P2手前まで戻り、P2は登り返し不可能で西壁側(画面の向こう側)も下降できる見込みがないので、ヤムナイ沢側への懸垂下降を決意。この時もホワイトアウトでロープが下に届いているのか確認できなかったが、これ以外に選択肢が残されていなかった。結果的にロープはギリギリ下に届いており、セーフ(50m)。
・技術的にヤムナイ沢大滝を下降できるのか全く未知だったが(滝の高さはどの程度なのか、何段に分かれているのか、氷は露出しているのか、オーバーハングしていないか、使えるアンカーは残っているデッドマン1枚だけでこれだけを頼りに下り切れるのか・・・)、ダメだった時は最悪南稜に這い上がって逃げる覚悟で、とりあえず大滝の落ち口まで下降。

【補足】某大学山岳部の遭難事例で、雪庇が崩壊して東稜からヤムナイ沢側に堕ちた人物が、東稜に登り返さずそのまま麓に下りて生還したような話を思い出し(誰も正確には覚えていなかったが)、その事例から「大滝は下降可能なのではないか」と考えたのが、我々が大滝の通過を目論んだ最大の動機。

E:ヤムナイ沢大滝下
・落ち口から見た大滝は、雪に埋まっていてクライムダウンできそうな斜度に見えたため、大滝ゴルジュの下降を決意。
①スタカットビレイ(交互に確保)でモタモタ下りて、全員一緒に雪崩にやられるか、
②スピードを優先してフリー(確保なし)で下りて、しくじった者だけが一人で堕ちるか、
どちらかの選択だったが、雪崩のリスクがあまりにも高かったのと、「仮に滝の途中で堕ちてもまた深雪にもぐり込んで止まることもあるのでは」との希望的且つ楽観的な判断から後者を選択し、各自フリーでクライムダウン。
・大滝は数段に分かれた急峻な雪壁になっていたが、幸運なことに全て雪崩に埋まっていて、オーバーハングも氷の露出もなく、実質20分くらいで通過できた。心臓バクバク。
・大滝下に抜けた直後に、今通ってきたばかりの大滝上部からの雪崩に襲われたが、なんとか側壁に逃げられたため、ザックを流されただけで済んだ。

大滝下(E地点)に到着したところ。この直後、ゴルジュの幅いっぱいに雪崩が噴き出てきた。
a0286351_1632970.jpg

大滝から下のヤムナイ沢は、穏やかな別世界。もう大丈夫。
a0286351_168815.jpg

***
幸運が、実は、予感された不幸の回避にほかならないことは、しばしばみられるところである。
(ラインホルト・メスナー)
***

■関連記事: 利尻山 仙法志稜
http://shigakukai.exblog.jp/19292785/
[PR]
by shigakukai | 2014-03-30 16:32 | いろいろ | Comments(0)

【空撮】東北名峰めぐり 羽田=青森線

ひょんな用事で羽田発青森行きの飛行機に乗ったら、東北の名峰が見えまくり。
大ラッキー。

羽田から離陸するとまず富士山。下に見える川は、手前から江戸川、中川、荒川。
a0286351_1147482.jpg


飯豊(いいで)連峰。デ、デカい・・・。
a0286351_2594427.jpg

月山(がっさん)。なんじゃこりゃ。怖ぇ~。だだっ広い地形に加え、ドエラい雪の量。
a0286351_30644.jpg

鳥海山。標高3000m以上あってもおかしくないくらいの裾野の広さ。
尖った山とは違った迫力があります。
a0286351_302589.jpg

以上、いずれも西方向(進行方向左側)を撮ったものです。

次は東方向(進行方向右側)。秋田駒ケ岳。
地図の等高線を見ただけではイメージしにくい、複雑な山頂周辺の地形がまるわかり♪♪♪
a0286351_1211538.jpg

青森空港着陸間近に見える、八甲田山西面。
a0286351_31655.jpg

飛行機がガラガラだったので、左右の窓側を行ったり来たりできました。(←不審者っぽい)

いいな~、東北の山々。それぞれに独特な趣と風格があります。

(4月上旬)
[PR]
by shigakukai | 2014-03-27 11:45 | いろいろ | Comments(0)

谷川岳 一ノ倉尾根

どよ~ん。 く、暗い・・・
気分盛り下がりまくり。 これぞ一ノ倉沢。w
春の入山禁止期間(谷川岳遭難防止条例)に入る直前に、駆け込み登山。
a0286351_2552446.jpg

今日は稜線まで上がって幕営。
a0286351_12331415.jpg

左、一・二の沢中間稜。右、滝沢リッジ。
a0286351_255419.jpg

翌日、晴れ ♪
a0286351_256193.jpg

ルンゼを上がってピナクル群を越えれば懸垂岩。
a0286351_2562321.jpg

懸垂岩の核心、A1。
a0286351_2564375.jpg

どん詰まったリッジから一旦離れて幽の沢側に回り込み、雪壁を直上すると一ノ倉尾根上部に出ます。
a0286351_257130.jpg

はい、頂上(一ノ倉岳)。 万歳 ♪
a0286351_2575325.jpg

西黒尾根を下降。
a0286351_2581384.jpg

***
自分の生命が両手の指にかかっているこの遊びの重大さが私にはわかった。
それは一つの発見であった。このことを意識すると、私はもう一度生まれてきたような気がした。
私は今までよりもさらに責任があるような気がしたし、感情や情熱にもさらに明晰さが加わる必要があることをすぐに了解した。
さもなければ、情熱といったものは、つまらない無謀、たわいのない衝動に過ぎない。
(ガストン・レビュファ)
***
[PR]
by shigakukai | 2014-03-18 11:30 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)

鹿島槍ヶ岳 東尾根

東尾根下部から見た荒沢奥壁。
荘厳な景観と高い難易度の割に、苦労して抜けた先が「東尾根の途中」という、パッとしない結末が待っている不遇(?)な壁です。
a0286351_3115572.jpg

第一岩峰。雪が詰まった浅いルンゼを上がります。
a0286351_3131415.jpg

a0286351_1262761.jpg

遠くの白い平地が大谷原。
a0286351_3134855.jpg

第二岩峰手前。後ろは隣の天狗尾根。
尾根が右にドンと落ちる手前の広いピークが「天狗の鼻」。ここからだとそれっぽく見えます。
a0286351_3134895.jpg

第二岩峰。残置たくさんアリ。
a0286351_3145650.jpg

第二岩峰を越えると、頂上まで一直線。
手前のコブが天狗尾根との合流点。奥のピークが鹿島槍北峰。
a0286351_3152229.jpg

第二岩峰上から見た鹿島槍南峰。まだまだ距離があります。
a0286351_131152.jpg

爺ケ岳への稜線。一番遠くに前穂がチラリ。
a0286351_316151.jpg

はい、頂上。寒っ。(南峰)
a0286351_3171613.jpg

「今日はここでおしめえにしよう。」 (冷池)
a0286351_3193124.jpg

***
僕達だって、山登りという行為を通じて一種の救いを求めているのではないだろうか。そうでなければ、山に入れないからといって、そんなにみじめな、そんなに悲しい気持ちになるはずはないだろう。僕個人としては、登山家とヒッピーの間に、何の区別もないと思う。僕達は、何らかの冒険を体験しに行くのだ。ある一つの山を登ろうというのだ。目的は、自分達が押し込まれているこの世界から逃避することである。僕達には、つまりこういった種類の薬が必要なのだと思う。
(ラインホルト・メスナー著『挑戦』 アルド・レヴィティの言葉)
***

赤岩尾根から見た鹿島槍。
a0286351_1353122.jpg

爺ケ岳東面
a0286351_1393175.jpg


(3月中旬)
[PR]
by shigakukai | 2014-03-12 11:45 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)

谷川岳 東尾根

一ノ倉沢出合。
今日はゆっくり午後から入山して一の沢を詰め、夕方、東尾根の稜線に幕営。
a0286351_1283452.jpg

翌朝。 一の沢から後続パーティーが続々上がって来ています。 やべ、早く出なきゃ。
a0286351_1291562.jpg

第二岩峰。雪が多い時ほど登りやすいです。
a0286351_12104426.jpg

ロープをしまって一休み。
a0286351_12111095.jpg

***
登山をするには感激性に富み、情熱がなければならない。ルックザックをかつぎ、多少眠っただけで早起きをし、腹をすかし、喉の渇きをおぼえ、暑い思いをしたり、寒い思いをしたり、たとえ力尽きても、自分の思い通りには途中でプレイを中断できないことを知りながら出発すること。岩、雪、空、太陽、風だけが相手だということは、とくにこの現代においては、まったく例外的なすばらしいことである。
情熱があると同時に、明晰であることも必要だ。つまり自分の体力と精神力、それに対して自分の実力以上の困難さとの関連をたえず見極められなければならない。
(ガストン・レビュファ)
***
a0286351_12112954.jpg

頂上直下。雪庇をほじくって乗っ越せば、頂上(オキの耳)です。
a0286351_12115686.jpg

「着いたぞ~♪」
a0286351_1212495.jpg

はい、頂上。
a0286351_1213527.jpg

西黒尾根を下降。天気は下り坂。
a0286351_12133346.jpg

[PR]
by shigakukai | 2014-03-04 12:20 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)


東京志岳会の山行写真集


by shigakukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

春の山 [Spring]
夏の山 [Summer]
秋の山 [Autumn]
冬の山 [Winter]
いろいろ
東南アジアの山

最新の記事

城ヶ尾峠から菰釣山(道志)
at 2017-11-18 10:38
三条沢狼谷から狼平
at 2017-10-29 10:30
赤岩岳(奥秩父)
at 2017-10-11 08:00
片品川小淵沢(尾瀬)
at 2017-10-04 11:00
剱岳・早月尾根往復
at 2017-09-14 18:00
納涼 葛野川小金沢本谷
at 2017-09-02 10:25
阿武隈川南沢
at 2017-08-11 20:00
節刀ヶ岳・鬼ヶ岳(からみる富..
at 2016-12-11 12:41
武甲山
at 2016-12-10 16:51
空沼岳 ハイキング
at 2016-10-19 20:26
越後山脈 荒沢岳
at 2016-10-15 19:23
クラビ 観光クライミング (..
at 2016-10-10 11:25
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-22 23:37
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-20 15:26
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-19 14:35
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-17 21:15
鷹ノ巣Ⅽ沢 (谷川連峰)
at 2016-09-11 10:30
トリグラフ山の花 【付録】
at 2016-08-12 11:19
ブダペストぶらぶら
at 2016-08-09 11:56
トリグラフ山 ③下山編 (ス..
at 2016-07-31 10:02

外部リンク

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧