<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

風雪の奥穂高・ジャンダルム飛騨尾根 [Photo Gallery]

白出沢を詰めて末端に取付き、初日はここまで。
a0286351_16222275.jpg


翌日は終日風雪。
a0286351_20324340.jpg


この先で小柄な同行メンバーがどうしても壁を1段登れず、四苦八苦。
a0286351_7454234.jpg

狭いテラスで、しかもアイゼンを履いていてはショルダーで越えるのも無理なので、最終手段としてオノレのアタマを足がかりに提供。
ヘルメットの頭頂部にアイゼンで立ち込んで、なんとかズリ上がれました。

割れなかったヘルメットに感謝。
脳天に全体重をかけられて首がメリメリ鳴った。


3日目、晴れ。
a0286351_23143280.jpg

はい、終了点。万歳。
a0286351_16235029.jpg


a0286351_2035142.jpg

***
登山というものは、いかなる文化とも世界観ともつながりを持たない。
いかなる特殊な肉体的な前提条件とも、財政上の豊かさともかかわりを持たない。
山登りは、ただ登り始めさえすればよいものなのである。
(ラインホルト・メスナー)
***
[PR]
by shigakukai | 2012-12-31 07:58 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)

地吹雪の五龍岳・遠見尾根  [Photo Gallery]

a0286351_18163952.jpg

隣の尾根に風が当たって起こる爆発音のような重低音がドドーンと聞こえると、数秒後こちらにその爆風の塊がやってきて、息もできないような状態に陥ります。


***
強い意志は成功の原動力だが、それを持っている人もいれば持っていない人もいる。強い意志があれば犠牲を耐え忍ぶことができる。強い意志があれば仕事にも難しい役目にも楽しみを見つけることができる。仕事にも犠牲にも楽しみはあるもので、それがあればこそ努力して完成させることができるのだ。
(リカルド・カシン)
***
[PR]
by shigakukai | 2012-12-24 12:16 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)

八ヶ岳・赤岳主稜

入山 (美濃戸~行者小屋)
a0286351_12304122.jpg

あとから上がってくる仲間のための目印、「山火事注意」。なるワケねー。w
a0286351_12302190.jpg

赤岳主稜。あまり明瞭なリッジではありません。
取付き最初の岩場を抜ければ傾斜は緩くなり、あとは大体歩いて登れます。
a0286351_1231321.jpg

この先にも一段岩場がありますが、こちらは簡単。
遠くに見えるのが行者小屋。
a0286351_12304329.jpg

はい、頂上。到着メール送信。
a0286351_25027.jpg

文三郎新道から見た横岳西壁。
a0286351_123453.jpg

その上下、ひょっとしてただの雨具・・・  爆
a0286351_2563110.jpg

***
年中山にいることはできませんが、山の記憶は行動のすべてに影響します。
自分が今いるところを示す基準点になります。
(ダグ・スコット)
***


(1月中旬)
[PR]
by shigakukai | 2012-12-22 12:41 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)

ノースフェース、敗れたり。

韓国・ソウルで見つけたアウトドアブランド、ザ・レッドフェース(=赤ら顔)。 爆

とんでもないパチモンかと思って大笑いしていたら、実は韓国ではメジャーなアウトドアブランドと判明。
http://www.theredface.com/

街には専門ショップもありました。
ウォン安の影響もありますが、このパンツで2000円くらい。恐るべし。
a0286351_12103975.jpg

ノースフェースなら確実に価格は4倍以上。

一方、本モノの方は・・・
a0286351_1211359.jpg

↑ 買って5~6年経ったあたりから表面がビリビリ破れはじめたダッフルバッグ。
なんじゃこりゃ。ガッカリ度1000%。

これからはやっぱ、ザ・レッドフェースでしょ!! (・・・カッコ悪。)
[PR]
by shigakukai | 2012-12-09 12:20 | いろいろ | Comments(0)

鹿島槍ヶ岳北壁 蝶形岩壁「氷のリボン」  [Photo Gallery]

真ん中の氷瀑が「氷のリボン」。
中段にクライマーが2人見えます。
a0286351_2323215.jpg


五龍岳・遠見尾根から見た鹿島槍北壁。手前(左)のピークが北峰、奥(右)が南峰。
円の部分が蝶形岩壁です。左のスカイラインは天狗尾根。(1月撮影)
a0286351_23231374.jpg


遠見尾根をもうちょっと東に行ったところから見た、鹿島槍北壁。(4月下旬撮影)
a0286351_139379.jpg

[PR]
by shigakukai | 2012-12-06 23:30 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)

生藤山 デタラメハイキング

今日はファミリーハイキング。朝八王子駅集合。
しかし、誰かが行き先考えてくるかと思ったら、全員無策で地図もなし。
とりあえずわらわらと中央本線に飛び乗った。

滝子山、高川山、倉岳山、百蔵山、扇山、笹尾根、陣馬山・・・・
沿線の山を思い浮かべても、どれもイマイチ。

あれこれ議論しているうちに電車は藤野を過ぎ、結局「上野原より先に行ってもあまりイイことはなさそうだ」との結論に至って、あわてて上野原で下車。

「じゃ~最寄りの生藤山でいいか」ってことになり、行先は生藤山(しょうとうさん)に大決定。


「こうきたら、こう」  (上野原駅前 バス待ち中)
a0286351_111068.jpg

バスの車内は、中高年ハイカーの熱気でムンムン。
a0286351_1110231.jpg

石楯尾神社から歩き出します。
a0286351_11103363.jpg

おやじの装備、紙袋だけ。服も完全に普段着・・・。
a0286351_11104298.jpg

札幌の秀岳荘オリジナルザックだぜぃ。
a0286351_11105075.jpg

富士山がきれい。
a0286351_11105738.jpg

はい、頂上。
a0286351_1111750.jpg

生藤山~醍醐丸、冬枯れの稜線。
醍醐丸は八王子市最高峰らしい (←やけにメッシュが細かい)
a0286351_11125666.jpg

a0286351_23324456.jpg

陣馬山を越えるつもりだったけど、結局面倒くさくなって和田峠から下山。


「こうきたら、こう」
(zzzzz......)   (和田峠道)
a0286351_1113468.jpg

上恩方
a0286351_2332428.jpg

a0286351_11131358.jpg

(とーちゃん寝ちゃったゼ)
a0286351_11132077.jpg

八王子市最高峰全員登頂を祝し、帰りに高尾の居酒屋で大酒飲んで帰宅。
実にデタラメなファミリーハイキングでした。

コース:石楯尾神社-生藤山-醍醐丸-和田峠-上恩方

(12月上旬)
[PR]
by shigakukai | 2012-12-01 11:27 | 冬の山 [Winter] | Comments(0)


東京志岳会の山行写真集


by shigakukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

春の山 [Spring]
夏の山 [Summer]
秋の山 [Autumn]
冬の山 [Winter]
いろいろ
東南アジアの山

最新の記事

節刀ヶ岳・鬼ヶ岳(からみる富..
at 2016-12-11 12:41
武甲山
at 2016-12-10 16:51
空沼岳 ハイキング
at 2016-10-19 20:26
越後山脈 荒沢岳
at 2016-10-15 19:23
クラビ 観光クライミング (..
at 2016-10-10 11:25
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-22 23:37
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-20 15:26
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-19 14:35
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-17 21:15
鷹ノ巣Ⅽ沢 (谷川連峰)
at 2016-09-11 10:30
トリグラフ山の花 【付録】
at 2016-08-12 11:19
ブダペストぶらぶら
at 2016-08-09 11:56
トリグラフ山 ③下山編 (ス..
at 2016-07-31 10:02
トリグラフ山 ②登頂編 (ス..
at 2016-07-29 11:45
トリグラフ山 ①入山編 (ス..
at 2016-07-27 11:40
丹沢山塊 畦ヶ丸山
at 2016-07-26 00:02
富士山(須走)
at 2016-07-20 23:52
キナバル山(ボルネオ) ②ヴ..
at 2016-07-06 19:20
キナバル山(ボルネオ) ①登..
at 2016-07-02 23:48
札幌岳(豊滝コース)
at 2016-06-25 13:48

外部リンク

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧