カテゴリ:春の山 [Spring]( 38 )

丹沢山塊 畦ヶ丸山

本当はマスキ嵐沢の予定でしたが、前日までの雨にビビッて山歩き変更。
行ってみたら水量はそれほどでもありませんでした。
a0286351_23574213.jpg


a0286351_2356984.jpg


a0286351_2358910.jpg

気持ち良さそう。



山頂で、記念撮影。

a0286351_2359683.jpg


(いいなあ〜、私も一緒に行きたかったです・・・。)


a0286351_23582862.jpg


西丹沢自然教室から登り、大滝橋に下りてきて、ぶなの湯に寄りました。
途中、巣の材料を集めている鳥を見ました。シジュウカラかなぁ。

2016.05.28
[PR]
by shigakukai | 2016-07-26 00:02 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

富士山(須走)


おお〜、いい天気!
a0286351_23415881.jpg


須走口5号目から出発!目標は、頂上にテント。
a0286351_23434593.jpg


しかし、荷物が重すぎたせいか、高山病?でふらふら・・・
気持ち悪いし、頭がぼーっとして、じっとしていると寝てしまう・・・

歩けない・・・

というわけで、7合目にテントを張り
13時から宴会!昼寝!宴会!
ビールのおかげで気持ちわるいのが一時的に治りました。
a0286351_23445817.jpg


いいながめ。
a0286351_2347070.jpg


a0286351_23474682.jpg


水が手に入らないかもしれないので、念のため水を持って行きましたが、
昼間は雪解け水がとうとうと流れていました。
(朝は少ししか流れてませんでした)
一昨年11月の富士山も、確か重い思いをして水を担いで行ったっけなあ。

頂上が見えてきた!
a0286351_23491125.jpg


お鉢の中のこの滝。
a0286351_23502149.jpg

むかーーーし、師匠は、これを登ったそうです。
頂上は吹き飛ばされるような風が吹いていました。

時計回りでお鉢巡りをして、砂走りを降りてきました。
a0286351_23513231.jpg


おつかれさまでした〜

2016.05.21-22
[PR]
by shigakukai | 2016-07-20 23:52 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

札幌岳(豊滝コース)

志岳会 北海道支部。
初活動のため、ヒグマ怖いなあ〜と人が多そうな山、札幌岳を選びました。

天気:晴れ
コースタイム:真駒内〜豊滝バス停(8:00)〜林道終点(9:35)〜豊滝コース〜山頂(11:00ー11:45)〜冷水小屋(12:50)〜駐車場(14:15)

バス停に、ヒグマ注意。
a0286351_1335948.jpg


しばらくは林道歩き。
写真を見ると気持ちいい雰囲気ですが、やっぱりヒグマが強く、早歩き。
暖かくて、早くも汗だくです。
a0286351_13745100.jpg


林道が終わると、だんだん登りになります。
そろそろ誰かいないかな〜と期待してみるものの、出会うのは綺麗な花や新緑、小鳥たち。
シラネアオイは見頃でした。
a0286351_13125258.jpg


どうかクマには会いませんよーに!と鈴をこれでもかというくらい鳴らして歩きました。
稜線に近づくにつれて、クマへの恐怖心にも慣れてきて気持ち良く歩けるようになりました。

稜線上がる前は、段差地形。
途中で踏み跡を見失い、適当なところから稜線に上がりました。

稜線は、ヤブ。こんなかんじ。
a0286351_13171720.jpg


ヤブを漕いで、最後はちょっとした岩場。
それをこえたら山頂です。

a0286351_13224112.jpg


羊蹄山がかっこいい!
でもやっぱり富士山の方がかっこいいな〜と本州を想うのでした。

下りは、人のいるコース、冷水コースへ。
雪がまだまだ残っていました。
雪解け水で、登山道は沢のようになっていました。

帰りは豊平峡温泉で汗を流して帰宅。


おまけ・登山道で出会った花
コミヤマカタバミ
a0286351_13331259.jpg


サンカヨウ
a0286351_1335214.jpg


ツバメオモト
a0286351_13411469.jpg


まだサクラが咲いていました〜
a0286351_13452939.jpg




豊滝コースは人気のないコースなのか、山頂まで誰とも出会いませんでした。

2016.05.29
[PR]
by shigakukai | 2016-06-25 13:48 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

GW 北アルプス 水晶岳2

GW 北アルプス 水晶岳1のつづき。

年末年始の水晶岳はこちらを参照。
年末年始 水晶岳❶
年末年始 水晶岳②


3日目:晴れ!
野口五郎小屋(6:50)ー野口五郎岳頂上(7:10)ー東沢乗越(9:00-9:20)ー水晶小屋(10:30-10:45)ー水晶岳頂上(11:35-12:00)ー水晶小屋(12:50-13:10)ーワリモ岳頂上(14:40)ーコル(14:50)ー鷲羽岳(16:00)ー三俣山荘(17:05)

朝はまだ風は強かったですが、晴れ!
槍ヶ岳も見えます〜

a0286351_20382915.jpg

a0286351_20393144.jpg


水晶小屋から水晶岳に向かいます。
a0286351_20424069.jpg


山頂で記念撮影!
ここまできたら、もっと奥まで行ってみたくなってしまいました。でも、また今度。
a0286351_20444153.jpg


水晶小屋に戻って、また重い荷物を背負って出発です。
今度は鷲羽岳を目指して・・・

a0286351_2047876.jpg


やっとこ鷲羽岳。
辛そうなジョージさんには真ん中に荷物を降ろしてもらって記念撮影。
a0286351_2049295.jpg

もう三俣山荘が見えるから、がんばって!

もう少しですよ〜
a0286351_20525570.jpg


到着。
a0286351_20531582.jpg


ああ、もう明日には下山か〜・・・とちょっと淋しくなりながら乾杯しました。
お疲れさまでした〜。

ひとり星の写真を撮っている間にみんな先に寝てしまったみたいです。
a0286351_20551952.jpg



4日目:晴れのち曇り+強風
三俣山荘(6:30)ー三俣蓮華岳(7:50)ートラバース手前(8:50-9:05)ー双六小屋(10:00-10:15)ー弓折岳(12:10-12:25)ー新穂高温泉(17:00)

本当は西鎌尾根から槍ヶ岳、槍沢をおりて上高地に下山する予定でしたが、
この日の夜から雨・・・という予報。
なので、予定を変更して新穂高温泉に降りることにしました。

弓折岳では地元の高校の登山部の生徒さんがたくさん来ていました。
帰りはシリセードで楽しそうでした。いいなあ〜

私たちも、ちょっと降りてからシリセード。
はやいはやい。

新穂高温泉で温泉入って、下山の乾杯。

お疲れさまでした〜

2016.4.30-2016.5.3
[PR]
by shigakukai | 2016-05-28 21:22 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

GW  北アルプス 水晶岳1

GWは、北アルプス 水晶岳に行ってきました。
年末年始の水晶岳のときは竹村新道を行ったのですが、ガンバって今回はブナ立尾根を行きました!

年末年始の水晶岳はこちらを参照。
年末年始 水晶岳❶
年末年始 水晶岳②



✳︎1日目:晴れのち曇り+強風
不動沢トンネル(8:00)ー1,530m付近(9:00-9:15)ー1,850m付近(10:15-10:40)ー2,070m付近(11:30-11:40)ー三角点(12:20-12:30)ー2,380m付近(13:25)ー烏帽子小屋(15:05)ー烏帽子岳頂上(16:30)ー烏帽子小屋(17:30)

天気を心配していましたが、この日は晴れ!
a0286351_1912577.jpg


年末年始のときに見つからなかった橋もちゃーんとありました!
a0286351_19142432.jpg


登れるか心配してたけれど、いい天気のおかげで楽しい登り。
もっと時間がかかると思っていたけれど、順調に登れました。
みんな余裕の笑顔です。
a0286351_19201923.jpg


まだまだ雪があります。
a0286351_19234330.jpg


登るにつれて天気が怪しくなってきました。
稜線に出た頃には強風。ですが、荷物を置いて烏帽子岳に向かいました。

a0286351_19323754.jpg


烏帽子岳頂上に立つ師匠。
私は、強風の中、ここに立つのは恐ろしかったです。
a0286351_19312272.jpg


1日目は烏帽子小屋まで。



✳︎2日目:曇り?地吹雪?ものすごい強風!!
烏帽子小屋(7:00)ー五郎小屋(12:00)

ものすごい強風のため、烏帽子小屋での写真しかありません。
a0286351_19403323.jpg


強風に耐えつつ、転びつつ、前に進みました。
天気悪すぎて、先の方も見えませんでした。
誰だー!午後から天気が回復するって言ったのは!!
悪くなる一方でした。でも、まあ、こんな中歩けることも人生で数少ないだろうからよしとしましょう。
風に抵抗して斜めに立って歩くのも楽しかったです。

続く。
[PR]
by shigakukai | 2016-05-28 19:52 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

北高尾山稜

GWの春合宿の前の足慣らしで、北高尾山稜に行ってきました。
合宿前の恒例となりつつあります。

新緑がきれいな季節。
a0286351_13352454.jpg

a0286351_1345649.jpg




チゴユリ
a0286351_1343591.jpg


ニガイチゴ??
a0286351_1454834.jpg


ヤマルリソウ
a0286351_1424040.jpg



サカナもいました。
a0286351_1481944.jpg



午後は雨が降ってきて、陣馬山には行かずに下山しました。

2016.4.18(Mon)
[PR]
by shigakukai | 2016-05-06 14:11 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

八ヶ岳 石尊稜敗退(4月)

本当はジャンダルムに行く予定だったのに、
雨男のマーニーさんのおかげで天気がまたまた悪く、石尊稜に変更しました。

今回のメンバーは、マーニーさん、(別荘の)管理人さん、シェフ、ジョージさん、晴れ女の4人です。

前日に八ヶ岳山麓の別荘にお邪魔し、朝早く出発。
が、八ヶ岳には雪がない・・・!
a0286351_12291.jpg



やっと雪が出てきたと思ったら、ツルツルに凍っていて恐ろしい。
a0286351_1254272.jpg



取り付きまで来てみたものの、岩がぼろぼろ。
ときどき、ぽろぽろと落石があり、今回は敗退することに・・・。

志岳会のクライマーであるマーニーさんは、どうしても諦めきれず
だから越沢にしようって言ったじゃないか〜!とぼやいていました。


春合宿のためボッカ訓練も兼ねていたジョージさんは、帰り、疲れて?転んでいました。
a0286351_12101324.jpg



敗退の記念に、記念撮影。
a0286351_12123273.jpg



また来シーズン来てね、とカモシカが見送りに来てくれました。
a0286351_12134992.jpg



2016.4.16(sat)
[PR]
by shigakukai | 2016-05-06 12:15 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

お花見高尾山

高尾山にお花見に行ってきました。

山頂付近のサクラ。
a0286351_11371916.jpg


うっすら富士山も。本当にうっすら。
a0286351_11393311.jpg


その他、スミレやらヤマブキやらヤマルリソウ、カタクリ、・・・
たくさんの花が咲いていました。
(カメラが壊れて写真なし!)

もう、春ですね〜

2016.4.9-4.10
[PR]
by shigakukai | 2016-05-06 11:43 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

雨飾山 (頸城山塊)

梅雨の合間の短い晴天を狙って、雨飾山へ。
小谷(おたり)温泉に前泊し、頂上を往復します。

この時期、豪雪地帯の山々は鮮やかでとても美しいです。
a0286351_144885.jpg

目に染みる、ぶなの新緑。
a0286351_1452939.jpg

a0286351_34636.jpg

” いつかあなたと 行くはずだった
  春まだ浅い 信濃路へ~ ”
 ♪  ←「あずさ2号」

ってな感じ!!
a0286351_146714.jpg

荒菅沢(あらすげさわ)の幅広い雪渓が見えてきました。
a0286351_26082.jpg

a0286351_1472951.jpg

荒菅沢源頭にある布団菱(ふとんびし)という岩壁。
a0286351_1481160.jpg

アイゼンがあれば、頂上直下まで荒菅沢の雪渓を一直線に上がれます。我々は持ってこなかったので、尾根伝いの一般道から上がりました。

シラネアオイ
a0286351_03957.jpg

a0286351_034249.jpg

笹平到着。正面が頂上。
a0286351_1497100.jpg

はい、頂上。 やっほ~♪
a0286351_1494536.jpg

頂上からの景色。足元の沢が荒菅沢。
正面の山は左から焼山、火打山、金山、天狗原山。
a0286351_1502143.jpg

遠くにうっすら糸魚川の街と日本海。
a0286351_15279.jpg

白馬岳~雪倉岳
a0286351_1524042.jpg

頂上から振り返った笹平。
a0286351_1532824.jpg

荒菅沢
a0286351_154226.jpg

下山。荒菅沢のトラバース。
a0286351_1545669.jpg

遠くの高い山は、高妻山(2,353m)。
戸隠の裏(北)にある地味な山ですが、標高はこの山域で最も有名な妙高山(2,300m)を上回ります。
a0286351_1553368.jpg

雪渓と夏道のミックスでルートがわかりにくく、視界が効かない霧の日などは要注意です。
木に赤いテープやペンキの目印が、ところどころにつけられていますので、迷ったら目印を探しましょう。
a0286351_2225185.jpg

a0286351_1594916.jpg

a0286351_205566.jpg

登山口にある湿原は、水芭蕉が花盛り。
a0286351_214152.jpg

a0286351_221339.jpg

小川の岩魚
a0286351_232673.jpg

大海川
a0286351_241434.jpg

雨飾高原キャンプ場からは車道歩き。
足取り軽い、先行パーティーさん。
a0286351_251022.jpg



【おまけ】小谷温泉大湯元山田旅館
a0286351_261832.jpg

a0286351_264880.jpg

a0286351_271394.jpg

安曇野で食べた蕎麦。感動のウマさ。
a0286351_282028.jpg


登山日:6月10日

(あまかざりやま・くびきさんかい)
[PR]
by shigakukai | 2015-06-14 09:42 | 春の山 [Spring] | Comments(0)

葛野川 深入沢遡行

今回はここ!どこでしょう・・・?

a0286351_21453010.jpg


正解は・・・深入沢!

昨年も来ましたが、今回は水量が少なくらくらく登る。

こんな場所でもらくらく。
a0286351_21491097.jpg

落ちるところを撮影したい場合は、モデル料が必要です!

まだ水は冷たーい!
a0286351_21511841.jpg


a0286351_21523178.jpg



どんどん進んで行くうちに、水の冷たさにも慣れてきました。
あついくらい!
a0286351_2155214.jpg

たまに日がさして、水と緑がきれいでした。

2015.6.7 くもり時々はれ
[PR]
by shigakukai | 2015-06-11 22:00 | 春の山 [Spring] | Comments(0)


東京志岳会の山行写真集


by shigakukai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

春の山 [Spring]
夏の山 [Summer]
秋の山 [Autumn]
冬の山 [Winter]
いろいろ
東南アジアの山

最新の記事

節刀ヶ岳・鬼ヶ岳(からみる富..
at 2016-12-11 12:41
武甲山
at 2016-12-10 16:51
空沼岳 ハイキング
at 2016-10-19 20:26
越後山脈 荒沢岳
at 2016-10-15 19:23
クラビ 観光クライミング (..
at 2016-10-10 11:25
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-22 23:37
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-20 15:26
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-19 14:35
【夏合宿】穂高 滝谷・前穂 ..
at 2016-09-17 21:15
鷹ノ巣Ⅽ沢 (谷川連峰)
at 2016-09-11 10:30
トリグラフ山の花 【付録】
at 2016-08-12 11:19
ブダペストぶらぶら
at 2016-08-09 11:56
トリグラフ山 ③下山編 (ス..
at 2016-07-31 10:02
トリグラフ山 ②登頂編 (ス..
at 2016-07-29 11:45
トリグラフ山 ①入山編 (ス..
at 2016-07-27 11:40
丹沢山塊 畦ヶ丸山
at 2016-07-26 00:02
富士山(須走)
at 2016-07-20 23:52
キナバル山(ボルネオ) ②ヴ..
at 2016-07-06 19:20
キナバル山(ボルネオ) ①登..
at 2016-07-02 23:48
札幌岳(豊滝コース)
at 2016-06-25 13:48

外部リンク

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧